与えることと奪うことの大原則を覚えておこう!

スポンサードリンク

与えるだけで、プラスになれる人生の法則

人間関係で覚えておきたい原則は、
何だと思いますか?

 

 

矛盾だらけの人間関係の中でも、
これを押さえておくと納得がいくという原則があります。

 

 

それは、与えたものは絶対に返ってくるということです。
もう一つ、
奪ったものは取り返される法則も覚えておきましょう。

 

 

人間関係などで悩んだことがある人は、
すでにこの原則を思い知っているかもしれません。
人間関係に限らず、仕事でも同様のことが起こります。
人が関わるところには全て、この原則が関わってきます。

 

 

与えたものが必ず返ってくるのは、
嬉しいものです。
でも、奪ったものが奪い返されるなら、
奪いたくないと思うでしょう。

 

 

そして、与えたものが返ってくることだけを
したいと思うはずです。

与える、奪うという行為は、日常でも多く見受けます。

与える事を自然に出来る為の考え方について、説明しましょう。

利益と不利益の原則

「あげたものは、返ってこないと思え」

という言葉があります。
しかし、実際には、
与えたものは必ず何らかの形で返ってきます。

 

 

あげることで損することは、ないと思って間違いありません。
逆に、他人から何か奪えば、恨まれることが多いでしょう。
不快な思いを与えてしまうので、
不快な思いが返ってきてしまいます。

 

 

友達がいない人は、
この原則に従って人付き合いを行ってみてください。

 

 

与えることを惜しまず、
奪うことは決してしないようにすれば、
友達がいない状況を脱することができますよ。

 

 

人が損したと思うことは、考え過ぎのことも多いものです。
損することを恐れて
他人に与えない心がけをしている人がいますが、
それはむしろ損しているようなものです。

損をを避けてばかりでは、損だらけの人生になります!

与える事で自分が潤うのだと、今こそ気づくべきなのです。

与える方法を考える

奪うということは、

無理矢理むしり取るだけを意味していません。
自分だけが利益を得るようなことが、
奪うことにつながる場合もあります。

 

 

奪うだけで与えない人が得られるものは、少ないでしょう。
もしかすると、
結局手元に何も残らなかったという結末に
なるかもしれません。

 

 

与えれば返ってくるのなら、
与えることだけ考えていたほうが、
自分から求めに行く手間も省けます。

 

 

奪うことなく利益がやってくるので、
楽にプラスの多い人生にしていけるのです。

 

 

どうすれば与えられるかを考えたほうが、
どうすれば奪えるかに悩むより楽しそうだと思いませんか?

 

奪うという行為は、労力を無駄にしているも同然です。

与えれば豊かになる、という真実を知る事が大切です。

次のページでは、初対面での会話についてお話します。
袖摺り合うも多少の縁というように、すれ違うことも奇跡です。
行きずりの人と対話できるようになれば、人脈が広がりますよ!

 

 

>>行きずりの人と会話をしよう!に進む

スポンサードリンク

与えることだけ考えれば、成功できる関連ページ

周囲を喜ばせると、自分もハッピーになれる法則
自分が幸せな気分になりたいときには、まず周囲を幸せにしてあげること。これだけで、幸せは簡単に訪れてくれるものです。相手が不機嫌で困るというときには、自分から笑顔を向けるように心がけると、相手も心をとかしてくれるものです。
お世話役から大きく抜け出した、秘書の役割
秘書の仕事を他人のお世話役とだけ解する時代では、なくなってきました。重要なポストにつく人のお世話役はもちろん、企画や営業にもおよぶ様々な仕事をこなせる秘書が求められてきたことから、秘書の可能性が広がってきたのです。
自分にも他人にも時間と人脈を贈ろう!
お金ではなかなか買うことのできない時間を有効に使う方法、つまり時間を生み出す能力が求められています。それをかなえ得ることができるのが、人脈もコミュニケーションも生める秘書という立場です。
他人に譲ることで、時間を生み出す方法
時間を有効に使うには、譲る精神を忘れないことが肝心です。自分の我を通そうとしていつまでも譲らないでいると、時間の大損をしてしまいます。時間を生み出すには、無闇に人と争わずに道を譲ることです。
持ちつ持たれるのパートナー関係を作る
いかに時間を増やして成功できるかは、他人とウィン・ウィンの関係になれるかにかかっています。他人と衝突ばかりしている人は、時間の無駄をして人間関係も損ねています。相手をパートナーと考えてお互いの得を目指せば、何事もよくなっていくでしょう。
譲り合う信頼関係が、プラスを生む社会
他人の損を待って自分が得を勝ち得る生き方には、実は大きな損失が隠れています。他人の損を待つのは時間がかかり、貴重な時間を無駄にしていることにつながるからです。他人に譲ることは、結局は自分の得につながるのです。
真の競争社会では、誰もが成功する仕組み
損をしたくないから、負けないために競争しないという考え方は誤っています。他人に勝つことだけが、自分の成功につながるとは限らないからです。他人に勝ちを譲ることが、自分の負けになるとは限らないのと同じです。
成功は、他人を妬む嫉妬からは生まれない
競争社会が平穏な生活を乱すと思っている人は、多いものです。しかし、負けることを避けて競争しない人が多い社会では、他人への妬みが生まれやすく、逆に信頼関係を損ねてしまう結果になることを覚えておきましょう。
成功は、他人の成功力を拝借することから
成功者が身近にいるときには、積極的に近づいて応援するほうが自分の成功への道が開けます。成功者には、良い人脈やノウハウがあるのです。その力を借りずに非難するような言動をとるのは、自分の成功を妨げるようなものです。
他人への嫉妬心を有効に役立てる方法
相手の長所に嫉妬する気持ちは、成長への起爆剤にすることが可能です。嫉妬するだけで終わってしまっては、何の成長にもつながりません。嫉妬するほど良いものを自分も手に入れるために、ノウハウを教わるくらいの気持ちで接するとよいでしょう。
助けに来てくれた味方を責めたりしない
誰も助けてくれない、早く助けにきてくれないなど、困ったときの不満を他人にぶつけてはいけません。助けに来てくれたことに感謝すれば、相手がまた助けにきてくれることは間違いありません。困ったときに来てくれるのは、貴重な存在なのです。
接待で、誤解のない信頼関係を生むには
長期的に行われてきた接待が信頼関係を生むように、人を喜ばせたいときには気長に何度でももてなすことが人間関係を上手くいかせる秘訣です。見返りを求めるなとはいいませんが、いつまでももてなしを続けようとする姿勢が、誤解をなくすのです。
平気で迷惑をかけない配慮が、人脈を生む
自分が嫌がるようなことは他人も嫌がるもの、それに気づかずに周囲に迷惑をかけている人は煙たがられます。気づかぬうちに迷惑をかけてしまうことはあっても、平気で空気を読めない行動をすることは避けたいものです。
始めた会話は、責任を持って最後まで
信頼関係を持った相手と話しているという意識があれば、話し始めたことを途中で止めてしまう失礼はできません。思いやりをもって接している相手には、最後まで誠実に話をするべきです。人脈は、そのようにして広がっていくのです。

TOP 友達を作る3つのポイント 管理人が友達を作った方法 問い合わせ