信頼関係を生み出す、長期的な接待法

スポンサードリンク

長期的なもてなしから生まれる、信頼関係

接待のメリットは、どこにあると思いますか?

 

 

接待というと、贈賄というイメージを
すぐに思い浮かべる人がいるかもしれません。

 

 

贈賄までいかなくても、
何らかの下心があって行われるのが、
接待だと思っている人が多いのではないでしょうか。

 

 

接待は人をもてなすために行われる行為ですから、
下心がいけないとはいえません。

 

 

喜んでほしいということ自体、
見返りを求めているとの見方をする人もいます。
それが良くないこととは、なかなかいえませんよね。

 

 

ところが接待には、
悪事を働いているようなイメージが
つきまとうのは何故でしょうか?
それは、一度や短期間の接待で終わらせるからです。

 

 

明らかに見返りを求めてのもてなしは、
見返りがあった途端に消滅してしまうことが多いのです。
そのため、接待が贈賄のためにあるかのような構図が、
人々の脳裏に焼きついてしまいます。

 

 

しかし、本来なら接待は、
お互いが持ちつ持たれつの関係であることを
確認しあう良い機会です。

良い印象がない接待ですが、実はとても必要な行為です。

本来あるべき姿の接待について、詳細にお話しします。

長期的にもてなす心

人の世は、一人きりで生きていけるものではありません。

友達がいないという人ですら、
誰かしらの力を借りて生活しているはずです。

 

 

どんな関係にも、
接待の考え方を正しく理解して
受け入れる必要がありそうです。

 

 

贈賄罪となる恐れのある接待は、癒着です。
癒着ではない接待は、
長期間に渡って行われることが多いものです。

 

 

何度ももてなしが行われるため、
どんな見返りがあるのか
判別がつきにくくなるということもあります。

贈賄のような接待には、注意が必要です!

本来の接待は、長期的なおもてなしが繰り返されるのです。

他人と持ちつ持たれつの関係

覚えておきたいのは、接待することが良いか悪いかではなく、

人は誰しも持ちつ持たれつで生きているということです。

 

 

誰にもお世話になっていない、
誰もお世話していないと思って暮らしていると、
他人なんてどうでもいいという気持ちになりがちです。

 

 

しかし、生きている以上確実に、
誰かしらのお世話になり、誰かしらの役に立っています。
下心があろうがなかろうが、
相手を喜ばせたいという気持ちは大切です。

 

 

いつでもこの気持ちを大切にして人と接するようにすれば、
友達がいない状況を脱して、多くの人脈を持てますよ。

 

当たり前のように、人をお世話しお世話される。

このような関係を自然に持てると、友達も増えるでしょう。

次のページでは、周囲への配慮についてお話します。
場の状況をすばやく察知して、気を遣うことは重要です。
周囲の空気が読める人には、信頼が寄せられますよ!

 

 

>>周囲に配慮して差をつける!に進む

スポンサードリンク

接待で、誤解のない信頼関係を生むには関連ページ

周囲を喜ばせると、自分もハッピーになれる法則
自分が幸せな気分になりたいときには、まず周囲を幸せにしてあげること。これだけで、幸せは簡単に訪れてくれるものです。相手が不機嫌で困るというときには、自分から笑顔を向けるように心がけると、相手も心をとかしてくれるものです。
お世話役から大きく抜け出した、秘書の役割
秘書の仕事を他人のお世話役とだけ解する時代では、なくなってきました。重要なポストにつく人のお世話役はもちろん、企画や営業にもおよぶ様々な仕事をこなせる秘書が求められてきたことから、秘書の可能性が広がってきたのです。
自分にも他人にも時間と人脈を贈ろう!
お金ではなかなか買うことのできない時間を有効に使う方法、つまり時間を生み出す能力が求められています。それをかなえ得ることができるのが、人脈もコミュニケーションも生める秘書という立場です。
他人に譲ることで、時間を生み出す方法
時間を有効に使うには、譲る精神を忘れないことが肝心です。自分の我を通そうとしていつまでも譲らないでいると、時間の大損をしてしまいます。時間を生み出すには、無闇に人と争わずに道を譲ることです。
持ちつ持たれるのパートナー関係を作る
いかに時間を増やして成功できるかは、他人とウィン・ウィンの関係になれるかにかかっています。他人と衝突ばかりしている人は、時間の無駄をして人間関係も損ねています。相手をパートナーと考えてお互いの得を目指せば、何事もよくなっていくでしょう。
譲り合う信頼関係が、プラスを生む社会
他人の損を待って自分が得を勝ち得る生き方には、実は大きな損失が隠れています。他人の損を待つのは時間がかかり、貴重な時間を無駄にしていることにつながるからです。他人に譲ることは、結局は自分の得につながるのです。
真の競争社会では、誰もが成功する仕組み
損をしたくないから、負けないために競争しないという考え方は誤っています。他人に勝つことだけが、自分の成功につながるとは限らないからです。他人に勝ちを譲ることが、自分の負けになるとは限らないのと同じです。
成功は、他人を妬む嫉妬からは生まれない
競争社会が平穏な生活を乱すと思っている人は、多いものです。しかし、負けることを避けて競争しない人が多い社会では、他人への妬みが生まれやすく、逆に信頼関係を損ねてしまう結果になることを覚えておきましょう。
成功は、他人の成功力を拝借することから
成功者が身近にいるときには、積極的に近づいて応援するほうが自分の成功への道が開けます。成功者には、良い人脈やノウハウがあるのです。その力を借りずに非難するような言動をとるのは、自分の成功を妨げるようなものです。
他人への嫉妬心を有効に役立てる方法
相手の長所に嫉妬する気持ちは、成長への起爆剤にすることが可能です。嫉妬するだけで終わってしまっては、何の成長にもつながりません。嫉妬するほど良いものを自分も手に入れるために、ノウハウを教わるくらいの気持ちで接するとよいでしょう。
助けに来てくれた味方を責めたりしない
誰も助けてくれない、早く助けにきてくれないなど、困ったときの不満を他人にぶつけてはいけません。助けに来てくれたことに感謝すれば、相手がまた助けにきてくれることは間違いありません。困ったときに来てくれるのは、貴重な存在なのです。
平気で迷惑をかけない配慮が、人脈を生む
自分が嫌がるようなことは他人も嫌がるもの、それに気づかずに周囲に迷惑をかけている人は煙たがられます。気づかぬうちに迷惑をかけてしまうことはあっても、平気で空気を読めない行動をすることは避けたいものです。
始めた会話は、責任を持って最後まで
信頼関係を持った相手と話しているという意識があれば、話し始めたことを途中で止めてしまう失礼はできません。思いやりをもって接している相手には、最後まで誠実に話をするべきです。人脈は、そのようにして広がっていくのです。
与えることだけ考えれば、成功できる
人は、与えることだけ考えていたほうが、利益の多い人生を過ごせます。なぜなら、与えたものは返ってくるもので、奪ったものは取り返される原則があるからです。与えれば、あなたの利益は他からもたらされると理解しておくと、楽に成功できます。

TOP 友達を作る3つのポイント 管理人が友達を作った方法 問い合わせ