競争をあきらめて、他人を嫉妬する悪いクセ

スポンサードリンク

競争を否定して、他人の足を引っ張る悪習慣

平等な社会にほど、
嫉妬が生まれやすいのをご存知ですか?

 

 

近年の日本は格差社会などとも言われますが、
世界的に見れば
これほど経済的に平等な社会は珍しいでしょう。

 

 

成功している人が目立つように見えても、
それはほんの一握りで、
ほとんどの人はお金持ちでも貧しくもなく
平均的なレベルの生活をしています。

 

 

しかし、自分を豊かで幸せと思うかと問われると、
否定する人が多いのだそうです。

大多数が一般的な暮らしをしている、日本。

幸せだと実感できる生き方について、解説していきます。

他人の成功を認めない風潮

日本では、適当なところで切り上げて、

あきらめる風潮が当たり前になっています。

 

 

自分があきらめたことで
他人が成功することを認めたくないので、
他人の足を引っ張るクセもあります。

 

 

無意識のうちにも、
社会がそのような構造になってしまっているのです。
成功者を村八分にして勝ちを認めないことで、
自分達が負けていないと信じ込もうとするのです。

 

 

アメリカで成功する人は、桁外れです。
成功した人には多くの人が群がり、
ほめたたえてノウハウやコネを盗み取ろうとします。

 

 

浅ましいと思うかもしれませんが、
他人の成功を妬むよりはよほど正直で素直な態度です。

仕事は勤勉でも、向上心に限界がある日本人。

欧米人のように、素直な行動をすべきだといえるのです。

日本人が大成しにくい理由

海外の人は、日本人には友好的な人が多いと評します。

日本人は他人に負けたくないから、
穏便に済ませようと表面を取り繕うのが得意です。

 

 

しかし、身近な友達にも
本心を見せない習慣がついてしまうことから、
信じられる友達がいない人が多いのも事実です。

 

 

特に若者にこの傾向が強いのは、
社会的に他人の成功を喜ばない構造が
出来上がっているということでしょう。

 

 

これでは、大成功する人もいなくなり、
成功をお手本にしたくなる日本人が
見つからなくなってしまいます。

 

 

現在の日本は、
一定のラインから成功者に嫉妬する人が
増えているのではないでしょうか。

 

 

他人を妬んだり恨んだりする人には、
友達がいなくなるのも当然です。

 

 

嫉妬するということは、
自分も何かしらの成功をしたいと思っているわけです。
成功者の幸せにあやかって、
自分も成功を目指すのが本来あるべき姿ではないでしょうか。

 

 

社会の格差は、嫉妬から生まれて成長します。
幸せに過ごすためには、他人の足を引っ張るのではなく、
成功を応援して自分も頑張ることです。

 

妬みやそねみ、恨みの心は相手に必ず伝わります。

この心を封印しなければ、人は寄り付かないのです!

次のページでは、仲間を応援して成功する方法をお話します。
仲間が先に成功すれば、自分の成功は楽になります。
成功者についていくことで、成功への近道が見つかりますよ!

 

 

>>成功者を応援して、自分も成功する方法に進む

スポンサードリンク

成功は、他人を妬む嫉妬からは生まれない関連ページ

周囲を喜ばせると、自分もハッピーになれる法則
自分が幸せな気分になりたいときには、まず周囲を幸せにしてあげること。これだけで、幸せは簡単に訪れてくれるものです。相手が不機嫌で困るというときには、自分から笑顔を向けるように心がけると、相手も心をとかしてくれるものです。
お世話役から大きく抜け出した、秘書の役割
秘書の仕事を他人のお世話役とだけ解する時代では、なくなってきました。重要なポストにつく人のお世話役はもちろん、企画や営業にもおよぶ様々な仕事をこなせる秘書が求められてきたことから、秘書の可能性が広がってきたのです。
自分にも他人にも時間と人脈を贈ろう!
お金ではなかなか買うことのできない時間を有効に使う方法、つまり時間を生み出す能力が求められています。それをかなえ得ることができるのが、人脈もコミュニケーションも生める秘書という立場です。
他人に譲ることで、時間を生み出す方法
時間を有効に使うには、譲る精神を忘れないことが肝心です。自分の我を通そうとしていつまでも譲らないでいると、時間の大損をしてしまいます。時間を生み出すには、無闇に人と争わずに道を譲ることです。
持ちつ持たれるのパートナー関係を作る
いかに時間を増やして成功できるかは、他人とウィン・ウィンの関係になれるかにかかっています。他人と衝突ばかりしている人は、時間の無駄をして人間関係も損ねています。相手をパートナーと考えてお互いの得を目指せば、何事もよくなっていくでしょう。
譲り合う信頼関係が、プラスを生む社会
他人の損を待って自分が得を勝ち得る生き方には、実は大きな損失が隠れています。他人の損を待つのは時間がかかり、貴重な時間を無駄にしていることにつながるからです。他人に譲ることは、結局は自分の得につながるのです。
真の競争社会では、誰もが成功する仕組み
損をしたくないから、負けないために競争しないという考え方は誤っています。他人に勝つことだけが、自分の成功につながるとは限らないからです。他人に勝ちを譲ることが、自分の負けになるとは限らないのと同じです。
成功は、他人の成功力を拝借することから
成功者が身近にいるときには、積極的に近づいて応援するほうが自分の成功への道が開けます。成功者には、良い人脈やノウハウがあるのです。その力を借りずに非難するような言動をとるのは、自分の成功を妨げるようなものです。
他人への嫉妬心を有効に役立てる方法
相手の長所に嫉妬する気持ちは、成長への起爆剤にすることが可能です。嫉妬するだけで終わってしまっては、何の成長にもつながりません。嫉妬するほど良いものを自分も手に入れるために、ノウハウを教わるくらいの気持ちで接するとよいでしょう。
助けに来てくれた味方を責めたりしない
誰も助けてくれない、早く助けにきてくれないなど、困ったときの不満を他人にぶつけてはいけません。助けに来てくれたことに感謝すれば、相手がまた助けにきてくれることは間違いありません。困ったときに来てくれるのは、貴重な存在なのです。
接待で、誤解のない信頼関係を生むには
長期的に行われてきた接待が信頼関係を生むように、人を喜ばせたいときには気長に何度でももてなすことが人間関係を上手くいかせる秘訣です。見返りを求めるなとはいいませんが、いつまでももてなしを続けようとする姿勢が、誤解をなくすのです。
平気で迷惑をかけない配慮が、人脈を生む
自分が嫌がるようなことは他人も嫌がるもの、それに気づかずに周囲に迷惑をかけている人は煙たがられます。気づかぬうちに迷惑をかけてしまうことはあっても、平気で空気を読めない行動をすることは避けたいものです。
始めた会話は、責任を持って最後まで
信頼関係を持った相手と話しているという意識があれば、話し始めたことを途中で止めてしまう失礼はできません。思いやりをもって接している相手には、最後まで誠実に話をするべきです。人脈は、そのようにして広がっていくのです。
与えることだけ考えれば、成功できる
人は、与えることだけ考えていたほうが、利益の多い人生を過ごせます。なぜなら、与えたものは返ってくるもので、奪ったものは取り返される原則があるからです。与えれば、あなたの利益は他からもたらされると理解しておくと、楽に成功できます。

TOP 友達を作る3つのポイント 管理人が友達を作った方法 問い合わせ