成功は、他人と勝ち負けを認め合うことから

スポンサードリンク

他人の負けが、自分の成功になるとは限らない

真の競争社会は、
誰もにプラスになるのをご存知ですか?

 

 

日本は、世界の国々と比べても
負けないほどの競争社会です。

 

 

お受験、学内でのテスト、就職、出世と、
生まれてから死ぬまで競争に
巻き込まれてしまいがちです。

 

 

競争しなければ生き残ることができないとすら、
思っている人も少なくないでしょう。

 

 

ところが、日本の競争社会では、
誰かが一人勝ちすることを認めません。
多くの人が、自分が負けるリスクを避けて、
最初から真の競争をしようとしないのです。

競争する事に対し、悪いイメージが先行しがちです。

本当の競争に関する、メリットをご紹介していきます。

他人と勝ち負けを認め合う

真の競争では、

勝った人が一緒に闘った仲間を助けて共に利益を得ます。
日本の競争では、誰かが勝つことが許せないから、
誰もが正々堂々とは闘わないことを選びがちなのです。

 

 

そんな競争社会からは、強いトップは生まれません。
人間関係も信頼を欠いていき、
信じ合える友達がいない人を増やし続けているのです。

 

 

それでも、全体的に平等であれば
争い事も起きずに平和な社会を保てるというのが、
日本の考え方です。

 

 

しかし、それが人々の幸せにつながっているかというと、
どうでしょうか。

 

 

誰かが勝つことを譲らない精神は、
自分の負けを決して認めません。
矛盾しているようですが、
この矛盾が日本の社会の混沌を生んでいるのでしょう。

 

 

他人とぶつかったときに譲ることができれば、
有益な時間を得ることができます。
お互いの勝ち負けを尊重しあうことで、
与え合えることも多いのです。

負けるが勝ち、という言葉を意識しましょう。

競争は悪いことではなく、全体の幸せには必要な事なのです。

他人の損で、平等になる社会?

勝つことも負けることも認めない社会は、

成長していきません。
そのような社会に甘んじている人も、
成長は難しいでしょう。

 

 

そこを飛び抜けて成功した人は、
非難されることすらあります。
人間関係に照らし合わせても、
同じことがいえます。

 

 

他人が損をするから自分も勝たなくてよい、
こんな考え方では疑心暗鬼ばかりが生まれてしまいます。
友達がいない人が増えても、
当然の社会といえるでしょう。

 

 

自分が負けを譲るのは、勝ちを譲ることではありません。
まずは相手に得を譲ることで、
自分も得をする原理があることを忘れないでおきましょう。

 

 

誰もが損をして平等でいる社会は、
自分から変えてみませんか?

 

「みんな平等」では、成長など見込めるわけがありません。

負けると得をするという法則を、忘れないでください。

次のページでは、共に損をする共損関係についてお話します。
共存だと思っていた関係が、実は共損ということはよくあります。
足を引っ張り合って損をしていないか、見直してみましょう!

 

 

>>他人の足を引っ張って、損をしていない?に進む

スポンサードリンク

真の競争社会では、誰もが成功する仕組み関連ページ

周囲を喜ばせると、自分もハッピーになれる法則
自分が幸せな気分になりたいときには、まず周囲を幸せにしてあげること。これだけで、幸せは簡単に訪れてくれるものです。相手が不機嫌で困るというときには、自分から笑顔を向けるように心がけると、相手も心をとかしてくれるものです。
お世話役から大きく抜け出した、秘書の役割
秘書の仕事を他人のお世話役とだけ解する時代では、なくなってきました。重要なポストにつく人のお世話役はもちろん、企画や営業にもおよぶ様々な仕事をこなせる秘書が求められてきたことから、秘書の可能性が広がってきたのです。
自分にも他人にも時間と人脈を贈ろう!
お金ではなかなか買うことのできない時間を有効に使う方法、つまり時間を生み出す能力が求められています。それをかなえ得ることができるのが、人脈もコミュニケーションも生める秘書という立場です。
他人に譲ることで、時間を生み出す方法
時間を有効に使うには、譲る精神を忘れないことが肝心です。自分の我を通そうとしていつまでも譲らないでいると、時間の大損をしてしまいます。時間を生み出すには、無闇に人と争わずに道を譲ることです。
持ちつ持たれるのパートナー関係を作る
いかに時間を増やして成功できるかは、他人とウィン・ウィンの関係になれるかにかかっています。他人と衝突ばかりしている人は、時間の無駄をして人間関係も損ねています。相手をパートナーと考えてお互いの得を目指せば、何事もよくなっていくでしょう。
譲り合う信頼関係が、プラスを生む社会
他人の損を待って自分が得を勝ち得る生き方には、実は大きな損失が隠れています。他人の損を待つのは時間がかかり、貴重な時間を無駄にしていることにつながるからです。他人に譲ることは、結局は自分の得につながるのです。
成功は、他人を妬む嫉妬からは生まれない
競争社会が平穏な生活を乱すと思っている人は、多いものです。しかし、負けることを避けて競争しない人が多い社会では、他人への妬みが生まれやすく、逆に信頼関係を損ねてしまう結果になることを覚えておきましょう。
成功は、他人の成功力を拝借することから
成功者が身近にいるときには、積極的に近づいて応援するほうが自分の成功への道が開けます。成功者には、良い人脈やノウハウがあるのです。その力を借りずに非難するような言動をとるのは、自分の成功を妨げるようなものです。
他人への嫉妬心を有効に役立てる方法
相手の長所に嫉妬する気持ちは、成長への起爆剤にすることが可能です。嫉妬するだけで終わってしまっては、何の成長にもつながりません。嫉妬するほど良いものを自分も手に入れるために、ノウハウを教わるくらいの気持ちで接するとよいでしょう。
助けに来てくれた味方を責めたりしない
誰も助けてくれない、早く助けにきてくれないなど、困ったときの不満を他人にぶつけてはいけません。助けに来てくれたことに感謝すれば、相手がまた助けにきてくれることは間違いありません。困ったときに来てくれるのは、貴重な存在なのです。
接待で、誤解のない信頼関係を生むには
長期的に行われてきた接待が信頼関係を生むように、人を喜ばせたいときには気長に何度でももてなすことが人間関係を上手くいかせる秘訣です。見返りを求めるなとはいいませんが、いつまでももてなしを続けようとする姿勢が、誤解をなくすのです。
平気で迷惑をかけない配慮が、人脈を生む
自分が嫌がるようなことは他人も嫌がるもの、それに気づかずに周囲に迷惑をかけている人は煙たがられます。気づかぬうちに迷惑をかけてしまうことはあっても、平気で空気を読めない行動をすることは避けたいものです。
始めた会話は、責任を持って最後まで
信頼関係を持った相手と話しているという意識があれば、話し始めたことを途中で止めてしまう失礼はできません。思いやりをもって接している相手には、最後まで誠実に話をするべきです。人脈は、そのようにして広がっていくのです。
与えることだけ考えれば、成功できる
人は、与えることだけ考えていたほうが、利益の多い人生を過ごせます。なぜなら、与えたものは返ってくるもので、奪ったものは取り返される原則があるからです。与えれば、あなたの利益は他からもたらされると理解しておくと、楽に成功できます。

TOP 友達を作る3つのポイント 管理人が友達を作った方法 問い合わせ