お互いを高め合えるような親友を作る方法

スポンサードリンク

相手への思いやりが、お互いを高め合える関係に

大切な人と
お互いに高め合っていますか?

 

 

友情が芽生えるのは、簡単かもしれません。
しかし、それを育んで親友という関係にまで進めるのは
簡単とはいえません。
友達がいない人は、短気になってはいけません。

 

 

どんな人でも自分のライフスタイルが優先で、
相手に合わせてほしいと思っています。
そこを乗り越えてお互いに高め合える関係こそ、
親友だといえるのではないでしょうか。

 

 

恋愛でも同じことで、
相手が何かに向かって集中しているときこそ
思いやってあげることが愛情です。

 

 

逆に、自分が頑張っていなければ、
相手に魅力を感じてもらうことは難しいでしょう。
自分も相手も頑張る姿を認めることで、
友達がいない状況を脱することは可能です。

応援する気持ちが、どうしても持てないという時もあります。

そんな時の、気持ちの持ち方について説明しましょう。

頑張る気持ちに共感する

目標が違う2人でも、

努力したり苦労が多いという気持ちは共通です。
頑張っている2人だからこそ、
理解しあえる共感があるのです。

 

 

別々の道に進んでいるから、
自分とは違う方向を見ているからといって、
むくれていてはいけません。

 

 

それでは、友情も愛情もちっとも育っていかないでしょう。
相手の忙しさから会う時間ができなくて、
どうしても寂しくなってしまうときは、
自分が逆の立場だったらどうかと考えてみましょう。

 

 

仲のいい友達や恋人と遊びたくても、
目標に向かう努力もしなければならない、
そんなとき相手が
不満ばかり言い出したら困ってしまいませんか?

 

 

今後も相手とうまくつきあえるか、
自信がなくなってくるかもしれません。

遊びたいのに遊べない!と怒るのは、タブーな行動です。

あなたとの友達関係を、見直されるキッカケになってしまうかも。

相手を思いやる我慢

別々の考えを持って

それぞれの人生を歩む2人の人間が、
いつでも順調に仲良くできるとは限りません。

 

 

喧嘩をしたり、お互いの都合で会えないことがあったり、
諸々の状況を乗り越えて親友になっていくものです。
そこには、相手を思いやる我慢があるでしょう。

 

 

自分を殺す我慢と思ってしまうと、
辛くて友情も続きません。

 

 

相手を認めて理解する、
相手の事情も目標も受け止めるぐらいの
思いやりを持つことが大切です。

 

 

そうすれば、互いに高め合って、
人間関係も人生の目標も手に入れられるでしょう。

 

相手の現状を思いやる事が出来れば、自分の感情を

「我慢する」という感覚も芽生えてこないはずなのです。

次のページでは、
約束したら目の前でメモする必要性についてお話します。
約束を守れるか守れないかは、信頼関係に響きます。
相手の前で、約束を守る気持ちをアピールしましょう!

 

 

>>約束は、目の前でメモをとる!に進む

スポンサードリンク

親友とは、お互いを尊重して高めあうもの関連ページ

無理せず、いじめに巻き込まれない友達作り
公園デビューや会社の派閥、学内のクラス分けなど、従来の人間関係はいじめが起きやすい構造をしていました。いじめのない人間関係を持つためには、ライフスタイルを尊重できる趣味の仲間作りが一番です。
共通点があると進展しやすい人間関係
知り合った人と関係を進めるには、共通点を探すことから始めると簡単です。何かしら共通点が見つかると、急速に会話が発展します。知人が相手と知り合いの場合も、スムーズに話が進んでいくものです。
他人との共通点は、小学校の学閥にもあり
可能性が薄そうなところにも、他人との共通点が見つかるかもしれません。例えば出身小学校が同じとわかったら、サプライズ的な共通点に話がはずむでしょう。探してみると、仲良くなれるきっかけはどこにでもあります。
お互いの生き方を尊重して、仲を深める方法
友情を深めて親友になるには、同じ目標に向かって進むことです。しかし、相手の生き方を尊重することを忘れると、自分のほうばかり見てほしくて相手の目標をつぶしてしまいかねないので気をつけましょう。
別の目標に進む相手と友情を育む方法
最初からでも途中からでも、目標が違ってきたら友情が駄目になるということはありません。駄目になるとしたら、それは相手が目標に進む姿をどちらかが尊重できなくなった証ではないでしょうか。
その場で約束をメモする習慣が、信頼感を得る
相手の目の前で約束をメモすると、相手をいかに尊重しているかのアピールに効果的です。約束したことも忘れてキャンセルすらしなかったという最悪の状況にならないために、約束はその場でメモする習慣をつけましょう。
妄想を成功と達成感に結びつける方法
努力したのに達成感を味わえない人には、ある傾向があります。考えに、行動を合わせようとしてしまうことです。現実には様々な要素が絡むため、行動を考えに合わせるほうが成功に近づきます。
無理に行動を考えに合わせない生き方
考えと行動がかけ離れているように思えるのは、無理して行動を考えに近づけようとするからです。思い通りに現実が動くことは少なく、無理を続けていると心身ともに病んでしまうようなことになりかねません。
成功は、起こった行動で考えを変えることから
現実の行動に合わせて考えを変えてみると、そこから新しい行動が生まれてきます。その繰り返しで柔軟に考えと行動を一致させていくようにすると、人生の成功率が高まってくるものです。
人付き合いはクッション役探しから始める
仲良くなりたい人のクッション役になってくれる人を探すと、願っていた人付き合いがスムーズに広がっていきます。クッション役の人ともしっかり交流を深めることで、キーマンとの接触も思うようにいくでしょう。

TOP 友達を作る3つのポイント 管理人が友達を作った方法 問い合わせ