友情は、目標が別々でも十分成立する

スポンサードリンク

目標が違う相手の努力を尊重する友情

友達や恋人の成功を喜べていますか?

 

 

同じ目標を持っている同士でも、
どちらかが先にゴールに到達することがあります。
先を越されても、
喜んであげるのが本当の友情や愛情です。

 

 

また、目標に集中してがんばっている相手に向かって、
なかなか会えないと文句を言うのも
避けたほうがいいことです。

 

 

目標と友情や愛情と
どちらを選ぶのかなどと詰め寄ろうものなら、最悪です。
人間関係は、
他のことと秤にかけられるものではありません。

 

 

この場合、忙しい相手よりも自分のほうが
2人の関係を秤にかけているのではないでしょうか。
友達がいなくて寂しい時期が続いてしまうと、
ついつい人間関係に疑心暗鬼になりがちです。

 

 

仲の良い友達や恋人が、
今は自分とは別の目標に向かっていて寂しいなら、
心から応援してあげればよいのです。
その気持ちは、相手も十分わかってくれるでしょう。

今現在、友達と自分の見ている方向が違う場合、

どのような心積りでいれば良いかについてお話しします。

目標は違えど、友情は成立する

初めから別々の目標に向かっていたとしても、

お互いに闘っている者同士の気持ちは共通です。
目標が違うからといって、
友情が全く成立しないということはないのです。

 

 

それぞれが自立して相手を尊重していれば、
いくらでも人間関係は良好に保てます。
友達がいない人も、これは理解しておきましょう。

 

 

しかし、もしも自分が友達に進路を妨害されたら、
どう思いますか?
その友達とのつきあいを続けるべきか、
考えてしまうかもしれません。

 

 

相手がどんな気持ちで努力しているか、
目標にどのくらいかけているかを思えば、
その生き方を無にするような言動は
慎もうという気になるでしょう。

目標が違うと友情は成立しない、というの間違いです。

友達の努力を心から応援すると、友情はより深まるでしょう。

相手の目標を尊重して応援する

相手が目指している道は、

その人の生き方そのものです。

 

 

それを否定して会ってくれないと責めるのでは、
相手も自分の人生を理解してくれなかったと
傷つくでしょう。

 

 

道が違うから関係ないというのも、寂しいものです。
個人個人の進む道を認めて応援するだけでも、
友情ではないでしょうか。

 

 

ましてや、
恋人同士はいつでも一緒にいられるわけではありません。
一緒にいられない時間を思いやって、
相手の成功を祈れるようになりましょう。

 

相手の状況を自分に置き換えて考える事。

この思いやりがなければ、友情が続かなくなってしまいます。

次のページでは、
お互いを高めあう人間関係についてお話します。
目標に向かって努力する姿は、お互いの刺激になるはずです。
2人で高め合っていることを意識してみましょう!

 

 

>>お互いを高め合う関係になるには!?に進む

スポンサードリンク

別の目標に進む相手と友情を育む方法関連ページ

無理せず、いじめに巻き込まれない友達作り
公園デビューや会社の派閥、学内のクラス分けなど、従来の人間関係はいじめが起きやすい構造をしていました。いじめのない人間関係を持つためには、ライフスタイルを尊重できる趣味の仲間作りが一番です。
共通点があると進展しやすい人間関係
知り合った人と関係を進めるには、共通点を探すことから始めると簡単です。何かしら共通点が見つかると、急速に会話が発展します。知人が相手と知り合いの場合も、スムーズに話が進んでいくものです。
他人との共通点は、小学校の学閥にもあり
可能性が薄そうなところにも、他人との共通点が見つかるかもしれません。例えば出身小学校が同じとわかったら、サプライズ的な共通点に話がはずむでしょう。探してみると、仲良くなれるきっかけはどこにでもあります。
お互いの生き方を尊重して、仲を深める方法
友情を深めて親友になるには、同じ目標に向かって進むことです。しかし、相手の生き方を尊重することを忘れると、自分のほうばかり見てほしくて相手の目標をつぶしてしまいかねないので気をつけましょう。
親友とは、お互いを尊重して高めあうもの
自分の都合ばかりを押し付けず、相手の事情や気持ちを考慮して多少の我慢もすることが、人間関係をつなげます。お互いの目標を尊重できるので、高めあうことも可能になる人間関係といえるでしょう。
その場で約束をメモする習慣が、信頼感を得る
相手の目の前で約束をメモすると、相手をいかに尊重しているかのアピールに効果的です。約束したことも忘れてキャンセルすらしなかったという最悪の状況にならないために、約束はその場でメモする習慣をつけましょう。
妄想を成功と達成感に結びつける方法
努力したのに達成感を味わえない人には、ある傾向があります。考えに、行動を合わせようとしてしまうことです。現実には様々な要素が絡むため、行動を考えに合わせるほうが成功に近づきます。
無理に行動を考えに合わせない生き方
考えと行動がかけ離れているように思えるのは、無理して行動を考えに近づけようとするからです。思い通りに現実が動くことは少なく、無理を続けていると心身ともに病んでしまうようなことになりかねません。
成功は、起こった行動で考えを変えることから
現実の行動に合わせて考えを変えてみると、そこから新しい行動が生まれてきます。その繰り返しで柔軟に考えと行動を一致させていくようにすると、人生の成功率が高まってくるものです。
人付き合いはクッション役探しから始める
仲良くなりたい人のクッション役になってくれる人を探すと、願っていた人付き合いがスムーズに広がっていきます。クッション役の人ともしっかり交流を深めることで、キーマンとの接触も思うようにいくでしょう。

TOP 友達を作る3つのポイント 管理人が友達を作った方法 問い合わせ