人間関係は、同じ目標に向かうことで育まれる

スポンサードリンク

目標を共にすることで、深める人間関係

共通の夢や目標を持った
親友はいますか?

 

 

恋愛は2人の人間が向き合う関係ですが、
友情は同じ方向を見て進む関係です。

 

 

ときには別々の方向に向かうことを
認め合う関係もありますが、
進む方向が同じであれば
親友となれる可能性があります。

 

 

例えば、部活や受験などで同じ目標に向かっていると、
友情が育ちやすいといいます。
友達がいない人の場合、
自分に目標が欠けている可能性があります。

 

 

逆に恋愛は成立しにくいといわれますが、
そんなことはありません。
恋愛も、同じ目標に向かっている2人の間には、
芽生えやすいのです。

 

 

ただ、受験勉強に集中する必要がありますから、
恋愛を優先して
エネルギーを注ぎ込むわけにはいきませんね。

恋愛とは異なる、友達関係にある相手との付き合い方、

向き合い方に関する心構えについてお話しします。

相手の目標を邪魔しない

仮に一方に何か目標があっても、

もう片方が同じ目標を持たなければ、
2人の距離はそれほど近づかないでしょう。

 

 

そんなときに気をつけたいのは、
相手の目標を邪魔しないことです。
友達がいない人には、
他人の足を引っ張る癖があるのかもしれません。

 

 

気になる相手が目標を持ってがんばっているのに、
自分は置いてきぼりのような状況になってしまうと、
ついつい自分と夢のどちらをとるのかと
問い詰めたくなるときがあります。

 

 

それは大人になってからも同じことで、
恋愛シーンで
「仕事と私と、どちらが大事なの!?」と
言い合いをしているカップルがよくいます。

 

 

せっかく目標に向かってまい進しているときに、
自分の方を向いてほしいとばかり言われると、
そのうち相手も疲れてきます。

 

 

このつきあいには無理があると思って、
離れていってしまうようなことにもなりかねません。

友達関係を恋愛関係のように捉え、行動を起こすのはダメ!

重い人だと、友人が離れてしまいかねません。

相手の生き方を尊重する

目標を持っている相手を

応援する気持ちで共感できなければ、
相手の生き方を否定してしまうことになるのです。

 

 

親友でも恋人同士でも、
相手を拘束するような付き合い方はやめましょう。

 

 

共に生きることを大切にして寄り添っていけば、
お互いの生き方を尊重しながら人間関係も深めて、
なおかつ目標を達成することもできるでしょう。

 

本当の友情とはなにか、という事を考えましょう。

友達の成功を応援する気持ちがあれば、友情は続くのです。

次のページでは、
目標が違っても相手の生き方を尊重することについてお話します。
自分の都合で相手の夢を否定するのは、友情ではありません。
友達の成功を喜べれば、本当の親友と呼べるでしょう!

 

 

>>相手の目標を尊重して応援する!に進む

スポンサードリンク

お互いの生き方を尊重して、仲を深める方法関連ページ

無理せず、いじめに巻き込まれない友達作り
公園デビューや会社の派閥、学内のクラス分けなど、従来の人間関係はいじめが起きやすい構造をしていました。いじめのない人間関係を持つためには、ライフスタイルを尊重できる趣味の仲間作りが一番です。
共通点があると進展しやすい人間関係
知り合った人と関係を進めるには、共通点を探すことから始めると簡単です。何かしら共通点が見つかると、急速に会話が発展します。知人が相手と知り合いの場合も、スムーズに話が進んでいくものです。
他人との共通点は、小学校の学閥にもあり
可能性が薄そうなところにも、他人との共通点が見つかるかもしれません。例えば出身小学校が同じとわかったら、サプライズ的な共通点に話がはずむでしょう。探してみると、仲良くなれるきっかけはどこにでもあります。
別の目標に進む相手と友情を育む方法
最初からでも途中からでも、目標が違ってきたら友情が駄目になるということはありません。駄目になるとしたら、それは相手が目標に進む姿をどちらかが尊重できなくなった証ではないでしょうか。
親友とは、お互いを尊重して高めあうもの
自分の都合ばかりを押し付けず、相手の事情や気持ちを考慮して多少の我慢もすることが、人間関係をつなげます。お互いの目標を尊重できるので、高めあうことも可能になる人間関係といえるでしょう。
その場で約束をメモする習慣が、信頼感を得る
相手の目の前で約束をメモすると、相手をいかに尊重しているかのアピールに効果的です。約束したことも忘れてキャンセルすらしなかったという最悪の状況にならないために、約束はその場でメモする習慣をつけましょう。
妄想を成功と達成感に結びつける方法
努力したのに達成感を味わえない人には、ある傾向があります。考えに、行動を合わせようとしてしまうことです。現実には様々な要素が絡むため、行動を考えに合わせるほうが成功に近づきます。
無理に行動を考えに合わせない生き方
考えと行動がかけ離れているように思えるのは、無理して行動を考えに近づけようとするからです。思い通りに現実が動くことは少なく、無理を続けていると心身ともに病んでしまうようなことになりかねません。
成功は、起こった行動で考えを変えることから
現実の行動に合わせて考えを変えてみると、そこから新しい行動が生まれてきます。その繰り返しで柔軟に考えと行動を一致させていくようにすると、人生の成功率が高まってくるものです。
人付き合いはクッション役探しから始める
仲良くなりたい人のクッション役になってくれる人を探すと、願っていた人付き合いがスムーズに広がっていきます。クッション役の人ともしっかり交流を深めることで、キーマンとの接触も思うようにいくでしょう。

TOP 友達を作る3つのポイント 管理人が友達を作った方法 問い合わせ