仲良くなれる共通点探しは、身近なところから

スポンサードリンク

小学校の学閥に共通点を探してみよう

学閥を共通点と捉えると
友達が出来やすくなります

 

 

本来、学閥とは大学の派閥のことを意味します。
それが最近では、幼稚園から小学校、中学、高等学校まで
学閥というそうです。
友達がいない人でも、実は学閥には知人がいるはずです。

 

 

名門と呼ばれる教育機関や、
そこに入りたいという人が増えたせいかもしれません。
学閥と聞くと眉をひそめる人もいますが、
実は同じ学閥だとわかると自然と共感がわくものです。

学閥というと「関係ない」と思いがちですが、それは間違い。

出身校という点に着目する方法で、友達を増やしましょう。

小学校はどこですか?

社会人になると、出身大学を聞いて同じだと

手を取り合うことが多くなります。
それなら、小学校が同じだったという人が出会っても、
歓声が上がって不思議ではありませんよね。

 

 

同じ学年なら、
小学校が共通だとかなりのサプライズになります。
しかし、年代が違っても同じ小学校の出身だと、
懐かしい話に華が咲いたりするものです。

 

 

こうなると、小学校の学閥も、無視はできない存在ですね。
つまりは、共通点はどこにでもあるということです。
何も共通点がなさそうな人でも、
意外にも小学校が共通だったということがあります。

 

 

そのように、相手にたずねてみないと、
共通点は見つかりません。
人脈を上手に広げていく人は、
共通点を探しながら仲を深めていきます。

 

 

相手と違うところばかりをアピールしていると、
あの人は特別な人だからと
距離を置かれてしまうかもしれませんよ。

お互いの距離を近づけるには、共通点を探したいもの。

最も盛り上がるのは、小学校が同じだという事かもしれません。

仲良くなる共通点はどこにでもある

同じ病気を持つ人同士、同じ苦労をした人同士と、

共通点があると他人の気持ちがよくわかります。
これは、優れた人脈を紹介してもらうコネを探すより、
人間関係を広げるのに役立ちます。

 

 

仲良くなれる材料はいくらでもあるので、
自分にはコネがないからなどと
落ち込む必要はありません。
友達を作りたいなら、他人との共通点を探しましょう。

 

 

小学校を誰でも出ているように、
他人との共通点は
どこにでも見つけることができるでしょう。

 

 

あとは、共通点を探す気持ちを大事にして、
そこから人間関係を発展させていくようにすることです。

 

出身が同じ土地ではないから・・・と落ち込むのは早い!

共通点は他にもあるので、探そうとする気持ちは無くさないでください。

次のページでは、
目標を持った者同士には、友情が芽生えやすいことをお話します。
共通の夢や目標を持っていると、人間関係が近づきますよ!

 

 

>>共通の目標を持つ友達を作る!に進む

スポンサードリンク

他人との共通点は、小学校の学閥にもあり関連ページ

無理せず、いじめに巻き込まれない友達作り
公園デビューや会社の派閥、学内のクラス分けなど、従来の人間関係はいじめが起きやすい構造をしていました。いじめのない人間関係を持つためには、ライフスタイルを尊重できる趣味の仲間作りが一番です。
共通点があると進展しやすい人間関係
知り合った人と関係を進めるには、共通点を探すことから始めると簡単です。何かしら共通点が見つかると、急速に会話が発展します。知人が相手と知り合いの場合も、スムーズに話が進んでいくものです。
お互いの生き方を尊重して、仲を深める方法
友情を深めて親友になるには、同じ目標に向かって進むことです。しかし、相手の生き方を尊重することを忘れると、自分のほうばかり見てほしくて相手の目標をつぶしてしまいかねないので気をつけましょう。
別の目標に進む相手と友情を育む方法
最初からでも途中からでも、目標が違ってきたら友情が駄目になるということはありません。駄目になるとしたら、それは相手が目標に進む姿をどちらかが尊重できなくなった証ではないでしょうか。
親友とは、お互いを尊重して高めあうもの
自分の都合ばかりを押し付けず、相手の事情や気持ちを考慮して多少の我慢もすることが、人間関係をつなげます。お互いの目標を尊重できるので、高めあうことも可能になる人間関係といえるでしょう。
その場で約束をメモする習慣が、信頼感を得る
相手の目の前で約束をメモすると、相手をいかに尊重しているかのアピールに効果的です。約束したことも忘れてキャンセルすらしなかったという最悪の状況にならないために、約束はその場でメモする習慣をつけましょう。
妄想を成功と達成感に結びつける方法
努力したのに達成感を味わえない人には、ある傾向があります。考えに、行動を合わせようとしてしまうことです。現実には様々な要素が絡むため、行動を考えに合わせるほうが成功に近づきます。
無理に行動を考えに合わせない生き方
考えと行動がかけ離れているように思えるのは、無理して行動を考えに近づけようとするからです。思い通りに現実が動くことは少なく、無理を続けていると心身ともに病んでしまうようなことになりかねません。
成功は、起こった行動で考えを変えることから
現実の行動に合わせて考えを変えてみると、そこから新しい行動が生まれてきます。その繰り返しで柔軟に考えと行動を一致させていくようにすると、人生の成功率が高まってくるものです。
人付き合いはクッション役探しから始める
仲良くなりたい人のクッション役になってくれる人を探すと、願っていた人付き合いがスムーズに広がっていきます。クッション役の人ともしっかり交流を深めることで、キーマンとの接触も思うようにいくでしょう。

TOP 友達を作る3つのポイント 管理人が友達を作った方法 問い合わせ