仲を深めるには、共通点を見つけることから

スポンサードリンク

共通点探しから、人間関係を始めよう!

共通点があると
他人との距離がグンと縮まります

 

 

逆に考えると、他人との距離を縮めたいときには、
共通点を探せばよいことになります。
同じ学校や大学、郷里が同じなど、
人はローカルな話で結びつくことが多いものです。

 

 

初対面でどこに住んでいるかを聞くのも、
近い距離や知っている土地に住んでいないかと
共通点を探すためです。

 

 

もしも近所や沿線に住んでいることがわかったら、
そこから更に話を展開していけるでしょう。
友達がいない人でも、簡単に他人と仲良くなれます。

特に初対面であれば、共通の話題を探す事!

共通点を見つける際に、気をつけたい事について説明します。

共通点をアピールし合う

共通点をどんどん見つけることで、

対人との距離を近づけるのは簡単です。

 

 

友達を作りたいなら、
近所だと知られたら困るなどとうろたえないことです。
積極的に共通点をアピールして、
仲良くなることをおすすめします。

 

 

せっかく出会った人と
最初から距離を置いて用心していると、
なかなか友達はできません。
気が合うかどうかは、最初はわからないものです。

 

 

ちょっとした共通点があるだけでも、
そういえばあの人は近くに住んでいたから
誘ってみようと思うときもやってくるものです。
友達がいない人には、チャンスですね。

同じ感情を持てる「共通点」は、相手との距離を縮める

最高のキッカケになりますので、積極的に探し合いましょう!

共通点探しを警戒しない

出身大学を聞くのも、

共通点を探したいからと受け取るようにしましょう。
大学のレベルから個人の出来を判断するために、
質問するわけではないのです。

 

 

大学というのは、
日本全国から学生が集まってきます。
卒業したらすぐに就職することになりますし、
初対面の人が知り合いの友達だったということもあります。

 

 

あの人は確か何々大学の出身だったから、
知り合いかもしれないと思って
出身大学を聞くこともあるわけです。

 

 

共通点を探して質問してくる人を警戒せず、
自分からも相手に質問をしかけていきましょう。
何も聞かなければ、
友達になれるチャンスを逃しているようなものです。

 

 

自分達は初対面だとしても、
共通の知人がいるとわかるだけで、
旧知の間柄のように
会話が楽しく展開することもあるのですよ。

 

相手が自分を値踏みしている、と捉えるのは最悪です。

あなたからも、共通点を積極的に探そうとしてみましょう。

次のページでは、
小学校の学閥に目を向けることについてお話します。
出身小学校が一緒だと、一気に対人との距離が縮まります。
身近なことで、共通点探しはいくらでも出来る証拠ですよ!

 

 

>>小学校に共通点を見出す!に進む

スポンサードリンク

共通点があると進展しやすい人間関係関連ページ

無理せず、いじめに巻き込まれない友達作り
公園デビューや会社の派閥、学内のクラス分けなど、従来の人間関係はいじめが起きやすい構造をしていました。いじめのない人間関係を持つためには、ライフスタイルを尊重できる趣味の仲間作りが一番です。
他人との共通点は、小学校の学閥にもあり
可能性が薄そうなところにも、他人との共通点が見つかるかもしれません。例えば出身小学校が同じとわかったら、サプライズ的な共通点に話がはずむでしょう。探してみると、仲良くなれるきっかけはどこにでもあります。
お互いの生き方を尊重して、仲を深める方法
友情を深めて親友になるには、同じ目標に向かって進むことです。しかし、相手の生き方を尊重することを忘れると、自分のほうばかり見てほしくて相手の目標をつぶしてしまいかねないので気をつけましょう。
別の目標に進む相手と友情を育む方法
最初からでも途中からでも、目標が違ってきたら友情が駄目になるということはありません。駄目になるとしたら、それは相手が目標に進む姿をどちらかが尊重できなくなった証ではないでしょうか。
親友とは、お互いを尊重して高めあうもの
自分の都合ばかりを押し付けず、相手の事情や気持ちを考慮して多少の我慢もすることが、人間関係をつなげます。お互いの目標を尊重できるので、高めあうことも可能になる人間関係といえるでしょう。
その場で約束をメモする習慣が、信頼感を得る
相手の目の前で約束をメモすると、相手をいかに尊重しているかのアピールに効果的です。約束したことも忘れてキャンセルすらしなかったという最悪の状況にならないために、約束はその場でメモする習慣をつけましょう。
妄想を成功と達成感に結びつける方法
努力したのに達成感を味わえない人には、ある傾向があります。考えに、行動を合わせようとしてしまうことです。現実には様々な要素が絡むため、行動を考えに合わせるほうが成功に近づきます。
無理に行動を考えに合わせない生き方
考えと行動がかけ離れているように思えるのは、無理して行動を考えに近づけようとするからです。思い通りに現実が動くことは少なく、無理を続けていると心身ともに病んでしまうようなことになりかねません。
成功は、起こった行動で考えを変えることから
現実の行動に合わせて考えを変えてみると、そこから新しい行動が生まれてきます。その繰り返しで柔軟に考えと行動を一致させていくようにすると、人生の成功率が高まってくるものです。
人付き合いはクッション役探しから始める
仲良くなりたい人のクッション役になってくれる人を探すと、願っていた人付き合いがスムーズに広がっていきます。クッション役の人ともしっかり交流を深めることで、キーマンとの接触も思うようにいくでしょう。

TOP 友達を作る3つのポイント 管理人が友達を作った方法 問い合わせ