クッション役の人が交流幅を広げてくれる

スポンサードリンク

キーマンとの接触はクッション役を通じて

クッション役の人と、仲良くなっていますか?

 

 

仲良くなりたい人にいきなり近づこうとすると、
警戒される場合があります。
それは、相手が人気者だからかもしれません。

 

 

人気のある人は交友関係が多いため、
様々な人と接しています。
中には、好ましくない形で接してくる人もいるでしょう。

 

 

既に痛手を負った経験があるために、
ある程度の警戒心が出てくるのはやむを得ないことです。
ですから、人気者に近づくためには工夫が必要なのです。

 

最初から人気がある人だと分かっている人に近づく為の、

簡単なテクニックについて解説します。

気になる人に近づく前に

例えば、仕事関係でおつきあいしたい人がいるなら、

会社の秘書役の人やガードマンさんと仲良くなっておくと
仲介のクッション役を務めてくれることがあります。

 

 

医師と近づきたいなら、
看護師さんと仲良くなれば期待が持てるでしょう。

 

 

夜の社交の場であれば、
気に入ったホステスさんに近づきたいときは、
バーテンダーと親しくなっておくと
クッション役を果たしてくれます。

 

 

他のお客さんとの間に立ってくれるのも、
バーテンダーの役割です。
1人でバーを訪れたときには、
会話の相手にもなってくれます。

 

 

気になる人に最初から直接アタックしようとするよりは、
クッションになってくれる人を探して
仲良くなっておくのが便利です。

間に誰か共通の知人を介する事で、相手は余計な警戒心を

解いてくれる可能性が高くなります。

クッション役になってくれる人を探す

友達がいなくて焦っている人は、

一番友達になりたい人だけを狙って近づこうとしがちです。
周囲にいるクッション役となってくれる人には、
ついついそっけなく接してしまうことがあります。

 

 

しかし、それでは人との信頼関係を築くのは難しいでしょう。
あなたが親しくなることを望むほどの人望がある人は、
あなたの人望をもチェックしているはずです。

 

 

まわりにいる多くの人と、
いかに良いつきあいをしているかを見ているのです。

 

 

見え見えの態度で、
気になる人の周辺の人々に
取り入ろうとするのもよくありません。

 

 

自然な形で、仲良くなりたい人とのクッション役を
買って出てくれる友達を作ることが
肝心だと心しておきましょう。

 

友人知人が多い人ほど、近寄ってくる人へのチェックは

無意識に厳しくなっている事を忘れないでください。

次のページでは、まわりを幸せにすることについてお話します。
自己満足では、他人は喜んでくれません。
相手に喜んでもらえることが、
あなたの幸せにもつながるのです!

 

 

>>相手をハッピーにして、自分もハッピーに!に進む

スポンサードリンク

人付き合いはクッション役探しから始める関連ページ

無理せず、いじめに巻き込まれない友達作り
公園デビューや会社の派閥、学内のクラス分けなど、従来の人間関係はいじめが起きやすい構造をしていました。いじめのない人間関係を持つためには、ライフスタイルを尊重できる趣味の仲間作りが一番です。
共通点があると進展しやすい人間関係
知り合った人と関係を進めるには、共通点を探すことから始めると簡単です。何かしら共通点が見つかると、急速に会話が発展します。知人が相手と知り合いの場合も、スムーズに話が進んでいくものです。
他人との共通点は、小学校の学閥にもあり
可能性が薄そうなところにも、他人との共通点が見つかるかもしれません。例えば出身小学校が同じとわかったら、サプライズ的な共通点に話がはずむでしょう。探してみると、仲良くなれるきっかけはどこにでもあります。
お互いの生き方を尊重して、仲を深める方法
友情を深めて親友になるには、同じ目標に向かって進むことです。しかし、相手の生き方を尊重することを忘れると、自分のほうばかり見てほしくて相手の目標をつぶしてしまいかねないので気をつけましょう。
別の目標に進む相手と友情を育む方法
最初からでも途中からでも、目標が違ってきたら友情が駄目になるということはありません。駄目になるとしたら、それは相手が目標に進む姿をどちらかが尊重できなくなった証ではないでしょうか。
親友とは、お互いを尊重して高めあうもの
自分の都合ばかりを押し付けず、相手の事情や気持ちを考慮して多少の我慢もすることが、人間関係をつなげます。お互いの目標を尊重できるので、高めあうことも可能になる人間関係といえるでしょう。
その場で約束をメモする習慣が、信頼感を得る
相手の目の前で約束をメモすると、相手をいかに尊重しているかのアピールに効果的です。約束したことも忘れてキャンセルすらしなかったという最悪の状況にならないために、約束はその場でメモする習慣をつけましょう。
妄想を成功と達成感に結びつける方法
努力したのに達成感を味わえない人には、ある傾向があります。考えに、行動を合わせようとしてしまうことです。現実には様々な要素が絡むため、行動を考えに合わせるほうが成功に近づきます。
無理に行動を考えに合わせない生き方
考えと行動がかけ離れているように思えるのは、無理して行動を考えに近づけようとするからです。思い通りに現実が動くことは少なく、無理を続けていると心身ともに病んでしまうようなことになりかねません。
成功は、起こった行動で考えを変えることから
現実の行動に合わせて考えを変えてみると、そこから新しい行動が生まれてきます。その繰り返しで柔軟に考えと行動を一致させていくようにすると、人生の成功率が高まってくるものです。

TOP 友達を作る3つのポイント 管理人が友達を作った方法 問い合わせ