ハッキリしたイメージの妄想で、成功する秘訣

スポンサードリンク

あいまいな夢に行動を合わせて成功する方法

自分の夢は、ハッキリと持っていますか?

 

 

考えに行動が伴う人は、実行力があると称されます。
実行力がなければ、成功はあり得ません。

 

 

しかし、考えと行動というのは、
とかく一致しないものです。
何故なら、現実は人が考えているよりも複雑だからです。

 

 

様々な物事や人の思惑が絡んで、
現実は出来上がっています。
想像通りにばかり事が運ぶという人は、
まずいないでしょう。

 

 

しかし、あきらめることはありません。
人間の脳もまた複雑で、
現実の複雑さとすり合わせれば、
限りなく100%に近づけることは可能だからです。

 

 

自分の目標に到達したと実感できる度合いは、
目標の80%程度でも十分だといいます。
確実に100%の目標達成率でないと満足できない人は、
自責の念に駆られて苦悩が多いものです。

友達を沢山作りたい!という目標がある方にアドバイス。

夢の実現に必要な心構えとは、どのようなものでしょうか。

現実の達成感を高める秘訣

なるべく理想と現実を近づけて満足度を上げたければ、

夢をあいまいに持っておくことです。
あいまいな夢は、
自分に都合よく解釈することができます。

 

 

努力してある状況にたどり着いたときに、
自分の目標通りだったかどうかは
自分の考え方次第です。
友達がいない状況を変えたいときも、同様です。

 

 

そもそも夢があいまいだったら、
到達した現実に
自分の考えを合わせやすいというわけです。

 

 

そこで、100%とはいえなくとも
80%程度の達成度を味わえれば、
成功したといってもよいのではないでしょうか。

 

 

また、そこまでたどり着けた努力の甲斐が、
先に進むエネルギーをも生んでくれるはずです。

達成感を高めるためには、ゴールを詳細に決めないこと。

到達率があいまいな程、満足感は高くなります。

ハッキリした妄想の習慣

頑張っても成功できないという人は、

もっと妄想をする習慣をつけましょう。
妄想というとよくないイメージに思われがちですが、
持ち方によって有効に利用できる脳の機能です。

 

 

妄想をするときには、
あんな風になりたい、ああいうことをしたいと
ハッキリしたイメージを持っておくのがポイントです。

 

友達がいない状況だから、
人と交流したいという妄想を持つのもよいでしょう。

 

 

通常は妄想といったらぼんやりイメージすることですが、
成功に近づける妄想には
ハッキリした考えがモノをいってくるのです。

 

ゴールはあいまいでも、イメージはしっかり持つべきです。

妄想が強いほど、成功に近づく可能性が高くなります。

次のページでは、現実と夢の一致についてお話します。
考え方と行動の差が大きいほど、人は悩むものです。
行動を無理に考えに合わせないようにすれば、
格段に人生が面白くなってきますよ!

 

 

>>考えに行動を無理強いさせない!に進む

スポンサードリンク

妄想を成功と達成感に結びつける方法関連ページ

無理せず、いじめに巻き込まれない友達作り
公園デビューや会社の派閥、学内のクラス分けなど、従来の人間関係はいじめが起きやすい構造をしていました。いじめのない人間関係を持つためには、ライフスタイルを尊重できる趣味の仲間作りが一番です。
共通点があると進展しやすい人間関係
知り合った人と関係を進めるには、共通点を探すことから始めると簡単です。何かしら共通点が見つかると、急速に会話が発展します。知人が相手と知り合いの場合も、スムーズに話が進んでいくものです。
他人との共通点は、小学校の学閥にもあり
可能性が薄そうなところにも、他人との共通点が見つかるかもしれません。例えば出身小学校が同じとわかったら、サプライズ的な共通点に話がはずむでしょう。探してみると、仲良くなれるきっかけはどこにでもあります。
お互いの生き方を尊重して、仲を深める方法
友情を深めて親友になるには、同じ目標に向かって進むことです。しかし、相手の生き方を尊重することを忘れると、自分のほうばかり見てほしくて相手の目標をつぶしてしまいかねないので気をつけましょう。
別の目標に進む相手と友情を育む方法
最初からでも途中からでも、目標が違ってきたら友情が駄目になるということはありません。駄目になるとしたら、それは相手が目標に進む姿をどちらかが尊重できなくなった証ではないでしょうか。
親友とは、お互いを尊重して高めあうもの
自分の都合ばかりを押し付けず、相手の事情や気持ちを考慮して多少の我慢もすることが、人間関係をつなげます。お互いの目標を尊重できるので、高めあうことも可能になる人間関係といえるでしょう。
その場で約束をメモする習慣が、信頼感を得る
相手の目の前で約束をメモすると、相手をいかに尊重しているかのアピールに効果的です。約束したことも忘れてキャンセルすらしなかったという最悪の状況にならないために、約束はその場でメモする習慣をつけましょう。
無理に行動を考えに合わせない生き方
考えと行動がかけ離れているように思えるのは、無理して行動を考えに近づけようとするからです。思い通りに現実が動くことは少なく、無理を続けていると心身ともに病んでしまうようなことになりかねません。
成功は、起こった行動で考えを変えることから
現実の行動に合わせて考えを変えてみると、そこから新しい行動が生まれてきます。その繰り返しで柔軟に考えと行動を一致させていくようにすると、人生の成功率が高まってくるものです。
人付き合いはクッション役探しから始める
仲良くなりたい人のクッション役になってくれる人を探すと、願っていた人付き合いがスムーズに広がっていきます。クッション役の人ともしっかり交流を深めることで、キーマンとの接触も思うようにいくでしょう。

TOP 友達を作る3つのポイント 管理人が友達を作った方法 問い合わせ