人間関係はねじれていてこそ強くなる

スポンサードリンク

問題を抱えている人との関係が絆を生む

ねじれた人間関係ほど、
将来性があるのをご存知ですか?

 

 

縄に例えてみると、
何本もの紐でより合わされているほうが強いのと一緒です。
もしも人間関係が思いのままに上手くいっていたら、
その関係はかえってもろいものかもしれません。

 

 

トラブルを乗り越えることを知らないので、
危機に直面したら
それっきりになってしまうことも多いのです。
友達がいない人も免疫がないので、要注意ですね。

 

 

悲喜こもごものドラマがあるからこそ、
次の難関を乗り越えていける、
辛くて苦しいことを共にクリアすることが
心に共鳴して絆が深まるものです。

すんなり仲良しのままでいられなくても、むしろそれが

良い友達であることについて、詳しく述べていきます。

ドラマのある人間関係

韓国のTVドラマは、

全体的に視聴率が非常に高いことで知られています。

 

 

韓国のドラマというと、
両思いの恋人達が紆余曲折の末に結ばれたかと思うと、
片方が災難に遭って
また離れてしまうという状況を繰り返します。

 

 

作りごとだとわかっていても、
多くの人が涙したり笑ったりして引き込まれてしまうのは、
常に両極端のドラマが盛り込まれているからです。

 

 

日本のTV局も見習ってほしいと思うくらい、
予想外にはまってしまうのには理由があったのですね。
現実の人間関係も同じで、
うまくいったりもめたりを続けるうちに深まっていきます。

 

 

特別気が合うと思っていたわけではない人が、
いつの間にか何となくかけがえのない存在になるのも、
知らず知らずのうちに良いことも悪いことも
乗り越えてきているということでしょう。

ドラマほどではなくても、数々の困難を乗り越える友情は、

そうでないものに比べると深い関係になる事が殆どなのです。

問題を抱えているのが普通の人

「竹を割ったような性格」という表現があります。

割り切った考え方とサッパリしたところが、
気持ちいいという評価を受けやすい人です。
友達がいないときには、こんな人に憧れやすいでしょう。

 

 

けれど、ほとんどの人は、
くどかったりくよくよしやすかったりするのが現実です。
悩みやすかったり、いいわけばかりしたり、
そんな人との関係を疎ましく感じることもあるでしょう。

 

 

しかし、自分を振り返ってみるとどうでしょうか?
むしろ、お互いに問題を抱えた人と出会えたほうが、
ドラマがあって良い人間関係をつむいでいけますよ。

 

クセがある人間だからと敬遠するのは、勿体ない!

不確定要素があるからこそ、強い絆で結ばれるのです。

次のページでは、
ライフスタイルを守って趣味の友達を作ることをお話します。
入る入らないが不自由なコミュニティには、ひずみが生じます。
趣味の仲間なら、束縛のない自由な絆が誕生しますよ!

 

 

>>ライフスタイルに沿った趣味の友達を作ろう!に進む

スポンサードリンク

ねじれた人間関係を発展させる方法関連ページ

エネルギーが充満する、違う意見の人との出会い
異なる意見の人との出会いを大切にすることで、自分の世界を広げることができます。近頃エネルギー不足だと感じている人は、自分に似た人とばかりつきあっていることが原因かもしれません。同じくらい、違う意見の人との出会いも重視しましょう。
相談できる相手を3人に絞ることの意義
たくさんの友達を持つことより、3人の相談相手を持つことが大事だといいます。人生の岐路に立って人間関係にも変化が訪れたときこそ、自分とは違う意見を述べてくれる相談相手の考えが新境地を切り開くキッカケとなるのです。
自分の意見を押し付ける人への相談は避ける
自分の意見を誰かに押し付けたりしていませんか?誰かに相談をするときにも、自分の意見を絶対として押し付けてくる人は問題です。おつきあいをするなというわけではありませんが、可能性が狭められるので相談はしないでおきましょう。
ホウレンソウを怠らない円滑な人間関係
ホウレンソウ(報告・連絡・相談)は、どんな人間関係でも怠らない人が友達を増やしています。仕事のシーンでも、上下関係を問わずに意見交換したり、相談しあったりすることがスムーズな環境を作る秘訣です。
ナンバーワンよりオンリーワンが良い理由
他人と同じことをして競争するよりも、オンリーワンの存在を目指して他にないキャラを作ってみませんか?難しいと思ったら、自分とは正反対の人達がいる中に飛び込めば、簡単にオンリーワンになれます。
くだらない喧嘩をしたほうが良い理由
喧嘩はよくないと誰もが思いがちですが、細かいことでの喧嘩はお互いを知るためにしたほうがよいのです。喧嘩を避けてばかりいると、大事な人との人間関係も深まらず、つきあいを失ってしまうことになりかねません。
喧嘩でピンチを乗り越えて、互いの絆を深める
ピンチを共有するという意味で、喧嘩は互いに感動する体験となり得ます。つまり、喧嘩を避けてばかりいては、感動の少ない人生になってしまうのです。お金が友達と思わず、人間の友達を増やすために、喧嘩で共有体験を持ちましょう。
明るい喧嘩なら、したほうがいい理由
喧嘩のルール違反になるのは、暗く喧嘩をすることです。反対意見を持つ相手を根に持つような喧嘩はする意味がなく、良い結果をもたらしません。喧嘩をすべきシーンで、明るく喧嘩をすることが人間関係を深めます。
友達が出切るのは、人間関係のトラブル発生時?
多くの人が面倒だ、難しいと思いがちが人間関係のトラブルは、むしろ世界を広げる良いきっかけです。波風一つ立たないような関係には、変化のなさに飽きてしまうこともあります。トラブルを良い兆候と考えることが、人生を幸運に向けるのです
相手にこびずに友達を増やす方法とは!?
どちらか一方が相手にこびるような人間関係は、自分のことより他者を優先してしまうために比重が傾いてきます。結果いじめが発生したり、人間関係にひずみが生じます。友達を増やすには、他者とのバランスを大事にすることです。
矛盾の寛容で、人間関係はよくなる!
人間関係は難しいという意識を転換するには、矛盾があることこそ人間関係と認識することです。他人と自分は違うもの、割り切れないのが当たり前と思えば、人間関係は格段にやさしいものになってきます。

TOP 友達を作る3つのポイント 管理人が友達を作った方法 問い合わせ