人間関係を割り切れないと理解する

スポンサードリンク

矛盾の受け入れから始める人間関係

割り切れない人間関係への矛盾から、
解放されたくありませんか?

 

 

人間関係を難しいと考え込んでしまうのは、
道理にかなわないことに納得がいかないからです。
友達がいない人も、難しく考えすぎなのかもしれません。

 

 

しかし、矛盾のない人間の心理などあり得ません。
人間の言動がすべて正解か不正解かに割り切れるとしたら、
今頃コンピュータが人間の脳を追い抜いていたでしょう。

 

 

未だにコンピュータが人間の脳に追いつけないのは、
脳があまりにも複雑にできているからです。
どれほど精密で高性能なコンピュータでも、
人間の心には程遠いというのが現状です。

人間関係は、理屈だけでは語れないから面白い!

人間関係の矛盾について理解出来るよう、説明していきます。

矛盾があっても大丈夫

単純には理解できない人の矛盾に

真っ向から立ち向かうばかりでは、疲れるだけです。
結果、人間関係が辛くなって、
人付き合いを止めてしまう人が増えています。

 

 

それでは、いつまで経っても
楽しい人間関係を発展させることができません。
せっかくの人生が、無駄になってしまう気すらしてきます。

 

 

その意識を改革するためには、
人間関係には矛盾があって当然だと
認識することが大切です。

 

 

筋が通らないのが当たり前だとわかった上で、
矛盾した人間関係にもへこたれないことです。
他人が思い通りに動いてくれないことに負けて、
友達がいない状況に甘んじている人もいます。

 

 

自分の考えと少しぐらい考え方が違う人がいたからといって、
あなたの人生すべてが破壊されてしまうわけではありません。
異質な考え方に触れて受け入れていくことで、
少しずつ免疫が出来て心が強くなってきます。

世の中には、自分と全く違う考えが多々あると認識しましょう。

意識改革で、あなたの気持ちも楽になるはずです。

割り切れない関係と理解する

割り切れないのが当たり前、

難しいことこそ人間関係の持ち味と思って、
そこから始めていきましょう。
意識を変えた途端に、人間関係が面白くなってきます。

 

 

最初のうちは、葛藤することも多いでしょう。
しかし、今までのように
いつまでも平行線の悩みではありません。

 

 

これからは、
相手が自分と異なる部分
わかっていこうという気持ちがあります。

 

 

その心理は、
人間関係の良好さにつながっていくでしょう。
つまり、以前より人間関係が楽になって、
延々と矛盾に悩まされるようなことから解放されるわけです。

 

どうして?!なぜ?!の堂々巡りは、終わらせます。

そうしないと、いつまでも苦しい毎日が続くかもしれません。

次のページでは、
ドラマがあってこそ人間関係は発展することをお話します。
竹を割ったような性格の人は、そうそういないものです。
理解した上で、人間関係ドラマの主人公になってしまいましょう!

 

 

>>人間関係は、ねじれをかけて強化するに進む

スポンサードリンク

矛盾の寛容で、人間関係はよくなる!関連ページ

エネルギーが充満する、違う意見の人との出会い
異なる意見の人との出会いを大切にすることで、自分の世界を広げることができます。近頃エネルギー不足だと感じている人は、自分に似た人とばかりつきあっていることが原因かもしれません。同じくらい、違う意見の人との出会いも重視しましょう。
相談できる相手を3人に絞ることの意義
たくさんの友達を持つことより、3人の相談相手を持つことが大事だといいます。人生の岐路に立って人間関係にも変化が訪れたときこそ、自分とは違う意見を述べてくれる相談相手の考えが新境地を切り開くキッカケとなるのです。
自分の意見を押し付ける人への相談は避ける
自分の意見を誰かに押し付けたりしていませんか?誰かに相談をするときにも、自分の意見を絶対として押し付けてくる人は問題です。おつきあいをするなというわけではありませんが、可能性が狭められるので相談はしないでおきましょう。
ホウレンソウを怠らない円滑な人間関係
ホウレンソウ(報告・連絡・相談)は、どんな人間関係でも怠らない人が友達を増やしています。仕事のシーンでも、上下関係を問わずに意見交換したり、相談しあったりすることがスムーズな環境を作る秘訣です。
ナンバーワンよりオンリーワンが良い理由
他人と同じことをして競争するよりも、オンリーワンの存在を目指して他にないキャラを作ってみませんか?難しいと思ったら、自分とは正反対の人達がいる中に飛び込めば、簡単にオンリーワンになれます。
くだらない喧嘩をしたほうが良い理由
喧嘩はよくないと誰もが思いがちですが、細かいことでの喧嘩はお互いを知るためにしたほうがよいのです。喧嘩を避けてばかりいると、大事な人との人間関係も深まらず、つきあいを失ってしまうことになりかねません。
喧嘩でピンチを乗り越えて、互いの絆を深める
ピンチを共有するという意味で、喧嘩は互いに感動する体験となり得ます。つまり、喧嘩を避けてばかりいては、感動の少ない人生になってしまうのです。お金が友達と思わず、人間の友達を増やすために、喧嘩で共有体験を持ちましょう。
明るい喧嘩なら、したほうがいい理由
喧嘩のルール違反になるのは、暗く喧嘩をすることです。反対意見を持つ相手を根に持つような喧嘩はする意味がなく、良い結果をもたらしません。喧嘩をすべきシーンで、明るく喧嘩をすることが人間関係を深めます。
友達が出切るのは、人間関係のトラブル発生時?
多くの人が面倒だ、難しいと思いがちが人間関係のトラブルは、むしろ世界を広げる良いきっかけです。波風一つ立たないような関係には、変化のなさに飽きてしまうこともあります。トラブルを良い兆候と考えることが、人生を幸運に向けるのです
相手にこびずに友達を増やす方法とは!?
どちらか一方が相手にこびるような人間関係は、自分のことより他者を優先してしまうために比重が傾いてきます。結果いじめが発生したり、人間関係にひずみが生じます。友達を増やすには、他者とのバランスを大事にすることです。
ねじれた人間関係を発展させる方法
人間関係の絆が強まるのは、危機を共に乗り越えた間柄のほうが多いといいます。日常生活でも、何かとうまくいかない人との関係を見直してみてください。トラブりがちな人とのほうが、続いていたりするでしょう。

TOP 友達を作る3つのポイント 管理人が友達を作った方法 問い合わせ