いじめ発生の発端、他人の顔色うかがい

スポンサードリンク

平等な人間関係から友達を増やすコツ

他人の顔色をうかがわずに、
無理せず友達を増やしたくありませんか?

 

 

友達を作ろうとして周囲の反応ばかり気にしていると、
利用されたりいじめられたりというだけの人に
なってしまいます。
友達がいない人は、自分の態度を見直してみてください。

 

 

いじめられる人に多いのが、
常に他者を優先してしまう考え方です。
いつも他人を主体にしていると、
他人のしたいこと=自分のしたいことになってきます。

 

 

相手を喜ばせることが自分の考えの中心になると、
相手にこびるようになります。
そんな人を見ると、
大概の人は意地悪をしたくなってしまうのです。

 

 

いじめが悪いことだとわかっていても、
抑えようのない感情がわいてくるのが人間です。
逆に、いじめられることのない人というのは、
他人のことなど考えずに自分勝手にふるまいます。

 

 

いじめられてしまう人は、
周囲が都合よく扱いやすい人なのです。

周囲から、常にいじめられる事が多い方は必見です!

人間関係のパワーバランスについて、詳しく説明します。

バランスの悪い人間関係はNG

当然のことながら、

いじめられている人には友達ができません。
いじめられないように、
ますます他人の顔色をうかがうようになるからです。

 

 

人は、自分の思惑通りに動いてくれる人など
求めていないのです。
仮に、思い通りに動く相手を友達にしても、
しばらくつきあうと退屈してきます。

 

 

良い人間関係というのは、
お互いに持ちつ持たれつが保たれているものです。
どちらか一方に比重が傾いているような関係には、
どこかでひずみが生じてきます。

 

 

友達を増やすためには、
自分の個性を相手に理解してもらうことです。
相手のことも少しずつ理解していくことで、
お互いに距離が近づいてきます。

あなたという人間を、理解してもらうステップが必要です。

顔色をうかがう人間関係は、友達とは言えません。

平等な人間関係を保つ

例えいじめられても、

いじめられることで人間関係を保つのは止めましょう。
いずれは去られてしまうのが、目に見えています。
友達がいないと卑屈になりがちなので、要注意です。

 

 

もちろん、いじめられる側ではなく、
いじめる側に回るのも避けてください。
平等につきあえないような関係は、不毛です。

 

 

DVに遭っている女性が
なかなか暴力を振るう相手の男性から逃げられないのは、
一人になってしまうのが不安だからです。

 

 

しかし、暴力をふるわれても
付き合いたいとしがみつくのが不健全なように、
いじめっこに媚びながら
人間関係を保とうとしても長続きしません。

 

いじめられていると自覚したら、そこに留まるのはNGです。

人間関係を見直す必要があると、覚えておきましょう。

次のページでは、
人間関係は矛盾だらけで当たり前ということをお話します。
覚えておくと、対人関係でつまずいたときに役立ちますよ!

 

 

>>相手の矛盾を割り切って、人間関係を育てるに進む

スポンサードリンク

相手にこびずに友達を増やす方法とは!?関連ページ

エネルギーが充満する、違う意見の人との出会い
異なる意見の人との出会いを大切にすることで、自分の世界を広げることができます。近頃エネルギー不足だと感じている人は、自分に似た人とばかりつきあっていることが原因かもしれません。同じくらい、違う意見の人との出会いも重視しましょう。
相談できる相手を3人に絞ることの意義
たくさんの友達を持つことより、3人の相談相手を持つことが大事だといいます。人生の岐路に立って人間関係にも変化が訪れたときこそ、自分とは違う意見を述べてくれる相談相手の考えが新境地を切り開くキッカケとなるのです。
自分の意見を押し付ける人への相談は避ける
自分の意見を誰かに押し付けたりしていませんか?誰かに相談をするときにも、自分の意見を絶対として押し付けてくる人は問題です。おつきあいをするなというわけではありませんが、可能性が狭められるので相談はしないでおきましょう。
ホウレンソウを怠らない円滑な人間関係
ホウレンソウ(報告・連絡・相談)は、どんな人間関係でも怠らない人が友達を増やしています。仕事のシーンでも、上下関係を問わずに意見交換したり、相談しあったりすることがスムーズな環境を作る秘訣です。
ナンバーワンよりオンリーワンが良い理由
他人と同じことをして競争するよりも、オンリーワンの存在を目指して他にないキャラを作ってみませんか?難しいと思ったら、自分とは正反対の人達がいる中に飛び込めば、簡単にオンリーワンになれます。
くだらない喧嘩をしたほうが良い理由
喧嘩はよくないと誰もが思いがちですが、細かいことでの喧嘩はお互いを知るためにしたほうがよいのです。喧嘩を避けてばかりいると、大事な人との人間関係も深まらず、つきあいを失ってしまうことになりかねません。
喧嘩でピンチを乗り越えて、互いの絆を深める
ピンチを共有するという意味で、喧嘩は互いに感動する体験となり得ます。つまり、喧嘩を避けてばかりいては、感動の少ない人生になってしまうのです。お金が友達と思わず、人間の友達を増やすために、喧嘩で共有体験を持ちましょう。
明るい喧嘩なら、したほうがいい理由
喧嘩のルール違反になるのは、暗く喧嘩をすることです。反対意見を持つ相手を根に持つような喧嘩はする意味がなく、良い結果をもたらしません。喧嘩をすべきシーンで、明るく喧嘩をすることが人間関係を深めます。
友達が出切るのは、人間関係のトラブル発生時?
多くの人が面倒だ、難しいと思いがちが人間関係のトラブルは、むしろ世界を広げる良いきっかけです。波風一つ立たないような関係には、変化のなさに飽きてしまうこともあります。トラブルを良い兆候と考えることが、人生を幸運に向けるのです
矛盾の寛容で、人間関係はよくなる!
人間関係は難しいという意識を転換するには、矛盾があることこそ人間関係と認識することです。他人と自分は違うもの、割り切れないのが当たり前と思えば、人間関係は格段にやさしいものになってきます。
ねじれた人間関係を発展させる方法
人間関係の絆が強まるのは、危機を共に乗り越えた間柄のほうが多いといいます。日常生活でも、何かとうまくいかない人との関係を見直してみてください。トラブりがちな人とのほうが、続いていたりするでしょう。

TOP 友達を作る3つのポイント 管理人が友達を作った方法 問い合わせ