人間関係のトラブルは、むしろ歓迎しよう!

スポンサードリンク

チャンスは、人間関係のトラブルにこそあり

楽しくなるような人間関係を
増やしたくありませんか?

 

 

人間関係にはトラブルがつきものなので、
多くの人は人間関係に難しいというイメージを持ちがちです。
友達がいない状況が続くと、
余計に人間関係を煩わしいと思うかもしれません。

 

 

しかし、辛い、煩わしいと思ってばかりいては、
余計に苦しくなってしまうばかりです。
そもそもが、自分とは性格も考え方も異なる他人との関係です。
矛盾だらけで当然と、理解しましょう。

 

 

そんな矛盾に出会えることは、成長につながります。
問題をクリアすることで、新しい世界が切り開けるからです。

 

 

逆に人間関係を避けて一人でいる人には、
自分で決めた世界しか期待できません。
友達がいない人は、もう十分体験したのではないでしょうか。

 

 

それが悪いとは限りませんが、
よりワクワクするような人生を送りたいなら、
人間関係を広げたほうが良いのです。

 

 

そのためには、
煩わしい人間関係をチャンスと思うのがポイントです。

意見がぶつかり、トラブルも発生しがちな人間関係。

ポジティブな考え方へ変えるには?というお話しをします。

人間関係を難しく考えない

人間関係のトラブルが増えてきたから、

自分に非があるのではないか。
いつも他人に理解してもらえずに、苦労ばかりしている。

 

 

そんな風に、
運が悪くなってきたような捉え方をする必要はありません。
人間関係が悪くなってきたときに、
まずい状況だと思いつめるだけでは何も解決しません。

 

 

むしろ、何かが変わるチャンスだと
思ってみるのはいかがでしょうか。

 

 

家族の人間関係、仕事の人間関係、
友達同士の人間関係、恋人との人間関係など、
生きていると様々な人間関係と出会います。

 

 

どんな人でも
最低限それだけの人間関係に出会えるチャンスがあり、
他人の世界に触れられます。

 

 

一人で出来ることには、限界があります。
人間関係からトラブルが起こることがあっても、
人間関係がトラブルを解決してくれることも多いのを
思い出してみましょう。

対人関係につまづいた時は、悲観的にならないでください。

成長のチャンスだと捉えると、あなたの行動も変わるはずです。

ひとりよがりになっていませんか?

人間関係に恵まれなかったから、

運が落ちたなどと思ってしまう人もいるかもしれません。

 

 

でも、考え方を変えてみれば、
人間関係を得ているだけで
恵まれていることがわかるでしょう。

 

 

それでも人間関係がトラブルばかり連れてくると
受け止めてしまうときは、
ひとりよがりになっているのかもしれません。

 

周囲との人間関係があるだけで、ありがたい事なのです。

自分本位の思考は止めて、視点を変える事が大切です。

次のページでは、
他人の顔色をうかがってばかりいる人の特徴をお話します。
いじめのない良好な人間関係を保つには、
覚えておきたい必須事項ですよ!

 

 

>>相手にこびずに、友達を増やす方法に進む

スポンサードリンク

友達が出切るのは、人間関係のトラブル発生時?関連ページ

エネルギーが充満する、違う意見の人との出会い
異なる意見の人との出会いを大切にすることで、自分の世界を広げることができます。近頃エネルギー不足だと感じている人は、自分に似た人とばかりつきあっていることが原因かもしれません。同じくらい、違う意見の人との出会いも重視しましょう。
相談できる相手を3人に絞ることの意義
たくさんの友達を持つことより、3人の相談相手を持つことが大事だといいます。人生の岐路に立って人間関係にも変化が訪れたときこそ、自分とは違う意見を述べてくれる相談相手の考えが新境地を切り開くキッカケとなるのです。
自分の意見を押し付ける人への相談は避ける
自分の意見を誰かに押し付けたりしていませんか?誰かに相談をするときにも、自分の意見を絶対として押し付けてくる人は問題です。おつきあいをするなというわけではありませんが、可能性が狭められるので相談はしないでおきましょう。
ホウレンソウを怠らない円滑な人間関係
ホウレンソウ(報告・連絡・相談)は、どんな人間関係でも怠らない人が友達を増やしています。仕事のシーンでも、上下関係を問わずに意見交換したり、相談しあったりすることがスムーズな環境を作る秘訣です。
ナンバーワンよりオンリーワンが良い理由
他人と同じことをして競争するよりも、オンリーワンの存在を目指して他にないキャラを作ってみませんか?難しいと思ったら、自分とは正反対の人達がいる中に飛び込めば、簡単にオンリーワンになれます。
くだらない喧嘩をしたほうが良い理由
喧嘩はよくないと誰もが思いがちですが、細かいことでの喧嘩はお互いを知るためにしたほうがよいのです。喧嘩を避けてばかりいると、大事な人との人間関係も深まらず、つきあいを失ってしまうことになりかねません。
喧嘩でピンチを乗り越えて、互いの絆を深める
ピンチを共有するという意味で、喧嘩は互いに感動する体験となり得ます。つまり、喧嘩を避けてばかりいては、感動の少ない人生になってしまうのです。お金が友達と思わず、人間の友達を増やすために、喧嘩で共有体験を持ちましょう。
明るい喧嘩なら、したほうがいい理由
喧嘩のルール違反になるのは、暗く喧嘩をすることです。反対意見を持つ相手を根に持つような喧嘩はする意味がなく、良い結果をもたらしません。喧嘩をすべきシーンで、明るく喧嘩をすることが人間関係を深めます。
相手にこびずに友達を増やす方法とは!?
どちらか一方が相手にこびるような人間関係は、自分のことより他者を優先してしまうために比重が傾いてきます。結果いじめが発生したり、人間関係にひずみが生じます。友達を増やすには、他者とのバランスを大事にすることです。
矛盾の寛容で、人間関係はよくなる!
人間関係は難しいという意識を転換するには、矛盾があることこそ人間関係と認識することです。他人と自分は違うもの、割り切れないのが当たり前と思えば、人間関係は格段にやさしいものになってきます。
ねじれた人間関係を発展させる方法
人間関係の絆が強まるのは、危機を共に乗り越えた間柄のほうが多いといいます。日常生活でも、何かとうまくいかない人との関係を見直してみてください。トラブりがちな人とのほうが、続いていたりするでしょう。

TOP 友達を作る3つのポイント 管理人が友達を作った方法 問い合わせ