暗く根に持つ喧嘩をしないほうがいい理由

スポンサードリンク

相手を根に持つ、暗い喧嘩は避けておく

喧嘩するとき、
ルールを大切にしていますか?

 

 

くだらない喧嘩は、
積極的にしたほうがコミュニケーションを深めます。
しかし、喧嘩の仕方にも良い方法と悪い方法があります。
良い喧嘩の仕方は、明るく喧嘩することです。

 

 

喧嘩は互いの意見をぶつけ合うことですが、
互いを責め合う一方では解決しません。
悲惨な結果に向かってしまう可能性が、高くなります。

 

 

怒るのが悪いわけではなく、
相手を知ろうとするより
自分の意見を押し付けるだけになるのは良くないのです。

ケンカは、コミュニケーションの一種だと認識しましょう。

正しいケンカの仕方をまとめますので、習得してください。

相手を根に持つ喧嘩はしない

友達がいない人は、

誰かと喧嘩したことを根に持っていませんか?
それは、自分の意見ばかりを
相手に押し付けようとしている証拠です。

 

 

それでは、
お互いを尊重しあうコミュニケーションには
発展しようがありません。

 

 

例えば、ビジネスの場での会議においても、
議論が持たれるシーンは多いでしょう。
会議は決め事をする場でもありながら、
人それぞれの議論をする場でもあります。

 

 

持ち寄った意見の合意を求めるだけの会議なら、
メールや電話連絡で済ませればいい話です。
わざわざ集まるのは、コミュニケーションのために
議論をする必要があるからではないでしょうか。

 

 

会議での意見交換は、一種のゲームのようなものです。
ですから、会議が終わってから、
別のシーンにまでゲームを持ち込むのは厳禁です。

 

 

別の意見を出してきた人に反発心を持って恨んだり、
仕返しするようなことは、明らかにルール違反です。
そのために、
自分の意見はしっかりまとめて会議に臨むのです。

友達のケンカと会議を、同じように捉えると良いでしょう。

冷静な議論と、その場限りの討論で終わる事がポイントです。

喧嘩をすべき場所とシーンでする

場や関係を暗くする喧嘩は、何も良い結果をもたらしません。

だからといって、自分が我慢すればよいということではなく、
お互いを尊重しあうことを常に重視してください。

 

 

友達がいないという人は、
誰かを根に持って暗くなってしまわず、
喧嘩をすべきシーンで明るく喧嘩して終わりにしましょう。

 

 

喧嘩が済んでいないと思うなら、
相手ととことん話し合うべきです。
自分の中に閉じこもってストレスをためてばかりいては、
自分の人生にもよくありません。

 

負の感情ばかりを前面に出したケンカは、下手なケンカ。

意見を聞き、根に持つことなく爽やかなケンカをしましょう。

次のページでは、
人間関係のトラブルの量について考えてみましょう。
人付き合いに問題が多いと、自分のせいではと悩みがちです。
トラブルが起こるのは変化の証と考えれば、クリアできますよ!

 

 

>>人付き合いのトラブルは、変化を呼ぶ!に進む

スポンサードリンク

明るい喧嘩なら、したほうがいい理由関連ページ

エネルギーが充満する、違う意見の人との出会い
異なる意見の人との出会いを大切にすることで、自分の世界を広げることができます。近頃エネルギー不足だと感じている人は、自分に似た人とばかりつきあっていることが原因かもしれません。同じくらい、違う意見の人との出会いも重視しましょう。
相談できる相手を3人に絞ることの意義
たくさんの友達を持つことより、3人の相談相手を持つことが大事だといいます。人生の岐路に立って人間関係にも変化が訪れたときこそ、自分とは違う意見を述べてくれる相談相手の考えが新境地を切り開くキッカケとなるのです。
自分の意見を押し付ける人への相談は避ける
自分の意見を誰かに押し付けたりしていませんか?誰かに相談をするときにも、自分の意見を絶対として押し付けてくる人は問題です。おつきあいをするなというわけではありませんが、可能性が狭められるので相談はしないでおきましょう。
ホウレンソウを怠らない円滑な人間関係
ホウレンソウ(報告・連絡・相談)は、どんな人間関係でも怠らない人が友達を増やしています。仕事のシーンでも、上下関係を問わずに意見交換したり、相談しあったりすることがスムーズな環境を作る秘訣です。
ナンバーワンよりオンリーワンが良い理由
他人と同じことをして競争するよりも、オンリーワンの存在を目指して他にないキャラを作ってみませんか?難しいと思ったら、自分とは正反対の人達がいる中に飛び込めば、簡単にオンリーワンになれます。
くだらない喧嘩をしたほうが良い理由
喧嘩はよくないと誰もが思いがちですが、細かいことでの喧嘩はお互いを知るためにしたほうがよいのです。喧嘩を避けてばかりいると、大事な人との人間関係も深まらず、つきあいを失ってしまうことになりかねません。
喧嘩でピンチを乗り越えて、互いの絆を深める
ピンチを共有するという意味で、喧嘩は互いに感動する体験となり得ます。つまり、喧嘩を避けてばかりいては、感動の少ない人生になってしまうのです。お金が友達と思わず、人間の友達を増やすために、喧嘩で共有体験を持ちましょう。
友達が出切るのは、人間関係のトラブル発生時?
多くの人が面倒だ、難しいと思いがちが人間関係のトラブルは、むしろ世界を広げる良いきっかけです。波風一つ立たないような関係には、変化のなさに飽きてしまうこともあります。トラブルを良い兆候と考えることが、人生を幸運に向けるのです
相手にこびずに友達を増やす方法とは!?
どちらか一方が相手にこびるような人間関係は、自分のことより他者を優先してしまうために比重が傾いてきます。結果いじめが発生したり、人間関係にひずみが生じます。友達を増やすには、他者とのバランスを大事にすることです。
矛盾の寛容で、人間関係はよくなる!
人間関係は難しいという意識を転換するには、矛盾があることこそ人間関係と認識することです。他人と自分は違うもの、割り切れないのが当たり前と思えば、人間関係は格段にやさしいものになってきます。
ねじれた人間関係を発展させる方法
人間関係の絆が強まるのは、危機を共に乗り越えた間柄のほうが多いといいます。日常生活でも、何かとうまくいかない人との関係を見直してみてください。トラブりがちな人とのほうが、続いていたりするでしょう。

TOP 友達を作る3つのポイント 管理人が友達を作った方法 問い合わせ