競争せずに、オンリーワンになる方法

スポンサードリンク

キャラがかぶらないオンリーワンが最高

個性の重要性について、
考えてみませんか?

 

 

ビジネスを始めようと思うとき、
同じ業界で一番になることを目指しますか?

 

 

資本主義社会では、
競争が激化して止まりようがないところまで来ています。
特にアメリカで競争して勝つのは、
ほとんど無理といってもよいでしょう。

 

 

2位や3位でもいい、
10位以内くらいに入れたら御の字などと思うでしょうか?
競争に加われば、
負ける可能性も高いということを忘れてはなりません。

 

 

ナンバーワンになるよりも、
オンリーワンになるということが世界一になる秘訣です。

 

 

人間関係においても、競争をして良いことはありません。
友達がいないと思っている人は、
いつの間にか競争をして
負けたような気持ちになっていませんか?

 

 

あるいは、競争から一抜けたと思っているのかもしれません。
人づきあいは、競争で決まることではないでしょう。

 

 

同じような人ばかりが集まっているグループは、
案外その中で競争が行われて
ナンバーワンやナンバーツーという存在がいるものです。
支配関係があるような友達との付き合いは、長続きはしません。

競争ばかりの人間関係からは、卒業しませんか。

オンリーワンの存在になる方法について、お話しします。

正反対のキャラから受ける刺激

全く正反対のキャラなのに、

いつも一緒にいる仲良しを見かけることがあります。
意識しなくても成長しようという気持ちがある人は、
知らぬ間に正反対の個性の人とつきあっています。

 

 

常に刺激を受け、
違う個性同士でも上手くやっていけるときがあるのを
知っているからです。

 

 

ビジネスでも人間関係でも、
オンリーワンになる方法は他の人にないキャラを作ることです。

 

 

他とかぶるキャラは、
一時的には受け入れられてもすぐに飽きられてしまいます。
そして競争に巻き込まれて、
大変な思いをすることになるでしょう。

無意識レベルで、違う個性の人と交流できるようになれば、

あなたの友達関係もぐっと広がるでしょう。

自分の個性を見直してみる

友達がいないとあきらめる前に、

自分の個性を見直してみませんか?

 

 

太っていようと痩せていようと、友達が多い人がいます。
周囲とかぶっていないから、
特有のキャラが活かされているのです。

 

 

自分のキャラがなかなか見つからないという人は、
まず自分と正反対の人と話してみることから
始めるのはいかがでしょうか。

 

自分は平凡だから、という考えは捨ててください!

あなたの個性は、正反対の友達が発見してくれるかもしれません。

次のページでは、
くだらないことで喧嘩をする大切さについて考えてみましょう。
つまらないことでこそこまめに喧嘩することが、
人間関係を深めてストレスの発散にもなりますよ!

 

 

>>くだらない喧嘩は、たくさんしよう!に進む

スポンサードリンク

ナンバーワンよりオンリーワンが良い理由関連ページ

エネルギーが充満する、違う意見の人との出会い
異なる意見の人との出会いを大切にすることで、自分の世界を広げることができます。近頃エネルギー不足だと感じている人は、自分に似た人とばかりつきあっていることが原因かもしれません。同じくらい、違う意見の人との出会いも重視しましょう。
相談できる相手を3人に絞ることの意義
たくさんの友達を持つことより、3人の相談相手を持つことが大事だといいます。人生の岐路に立って人間関係にも変化が訪れたときこそ、自分とは違う意見を述べてくれる相談相手の考えが新境地を切り開くキッカケとなるのです。
自分の意見を押し付ける人への相談は避ける
自分の意見を誰かに押し付けたりしていませんか?誰かに相談をするときにも、自分の意見を絶対として押し付けてくる人は問題です。おつきあいをするなというわけではありませんが、可能性が狭められるので相談はしないでおきましょう。
ホウレンソウを怠らない円滑な人間関係
ホウレンソウ(報告・連絡・相談)は、どんな人間関係でも怠らない人が友達を増やしています。仕事のシーンでも、上下関係を問わずに意見交換したり、相談しあったりすることがスムーズな環境を作る秘訣です。
くだらない喧嘩をしたほうが良い理由
喧嘩はよくないと誰もが思いがちですが、細かいことでの喧嘩はお互いを知るためにしたほうがよいのです。喧嘩を避けてばかりいると、大事な人との人間関係も深まらず、つきあいを失ってしまうことになりかねません。
喧嘩でピンチを乗り越えて、互いの絆を深める
ピンチを共有するという意味で、喧嘩は互いに感動する体験となり得ます。つまり、喧嘩を避けてばかりいては、感動の少ない人生になってしまうのです。お金が友達と思わず、人間の友達を増やすために、喧嘩で共有体験を持ちましょう。
明るい喧嘩なら、したほうがいい理由
喧嘩のルール違反になるのは、暗く喧嘩をすることです。反対意見を持つ相手を根に持つような喧嘩はする意味がなく、良い結果をもたらしません。喧嘩をすべきシーンで、明るく喧嘩をすることが人間関係を深めます。
友達が出切るのは、人間関係のトラブル発生時?
多くの人が面倒だ、難しいと思いがちが人間関係のトラブルは、むしろ世界を広げる良いきっかけです。波風一つ立たないような関係には、変化のなさに飽きてしまうこともあります。トラブルを良い兆候と考えることが、人生を幸運に向けるのです
相手にこびずに友達を増やす方法とは!?
どちらか一方が相手にこびるような人間関係は、自分のことより他者を優先してしまうために比重が傾いてきます。結果いじめが発生したり、人間関係にひずみが生じます。友達を増やすには、他者とのバランスを大事にすることです。
矛盾の寛容で、人間関係はよくなる!
人間関係は難しいという意識を転換するには、矛盾があることこそ人間関係と認識することです。他人と自分は違うもの、割り切れないのが当たり前と思えば、人間関係は格段にやさしいものになってきます。
ねじれた人間関係を発展させる方法
人間関係の絆が強まるのは、危機を共に乗り越えた間柄のほうが多いといいます。日常生活でも、何かとうまくいかない人との関係を見直してみてください。トラブりがちな人とのほうが、続いていたりするでしょう。

TOP 友達を作る3つのポイント 管理人が友達を作った方法 問い合わせ