相手に負担を与えないコミュニケーション

スポンサードリンク

「問題なし」を伝え合って、良い人間関係を

長期的な人間関係を作る方法

 

 

何かあったからすぐに連絡するの繰り返しが、
コミュニケーションを深めるコツだと
思っている人はいませんか?

 

 

上手なコミュニケーションを実践している人は、
何でもないという連絡を周囲に伝えています。

 

 

何か問題があったり、
必要があるからすぐに連絡してくださいという連絡は、
相手に負担を与えます。

 

 

それが当然の仕事と思う人もいるかもしれませんが、
コミュニケーションを仕事と思ってしまうのは悲しいことです。

 

 

仕事の人間関係であっても、
相手の負担を減らしてあげようとすることが思いやりです。
そんな思いやりこそ、コミュニケーションを深めるのです。

常に相手の状況や気持ちを、察知出来ていますか?

連絡の上手な取り方に関するノウハウについて、説明します。

何もないという連絡をする

友達がいないと思う節があったら、

周囲の人に何らかの負担を与えていないか
考えてみてください。

 

 

周囲にストレスを与えるような連絡は、
疲れる人だという印象を持たれてしまいがちです。
ただ、注意したいのは、
何もないから連絡しないという習慣にはしないことです。

 

 

たとえ問題が何もなくても、
「何もありません。」という報告をすることが
良いコミュニケーションにつながります。

 

 

プライベートな面でも、友達がいない人に多いのは、
「何もないから連絡しない」というクセです。
何でもないこともこまめに連絡をとりあうことが、
相手を思いやることにつながるのです。

両極端な行動を取っている方は、要注意です。

用事が無くても連絡するのが、良好な関係を築く要素になります。

こまめな連絡でコミュニケーションを進める

何かあったときにしか連絡してこない行為は、

誰にでも出来ることです。
一歩進んだコミュニケーションにするには、
何気ない会話をすることがモノをいいます。

 

 

連絡をしてこない相手のことを心配したことがありませんか?
それは、あなたのストレスになりませんでしたか?
同じことを、あなたも周囲の人にしているかもしれません。

 

 

友達がいないと思う人は特に、
重要ではないと思うことも連絡してみてください。

 

 

最初はうるさいなと思う人もいるかもしれませんが、
段々とあなたからの小さな連絡がないと
寂しいと思ってくるでしょう。

 

 

コミュニケーションは
一大事があったときだけ深まるのではなく、
むしろ何もないときの連絡からこそ深まるのです。

 

こまめな連絡は、上手なコミュニケーションスキルの一つです。

重要な事なので、小さな連絡は怠らないようにしましょう。

>>「食べてみる?」が鍵、食事のコミュニケーションに進む

スポンサードリンク

何もなかったことを連絡しあうコミュニケーション関連ページ

人との出会いは、いつでも価値ある記念日
人生の濃さを深めてくれる出会いは、いつでも訪れます。全ての出会いには幸せを招いてくれる価値があり、記念とすべきなのです。良い出会いを求めて人生を変えたいと思っている人なら、今日会った人を思ってノートに記してみましょう。
「そうだね」の一言で、人との距離が縮まる
「なるほど」「そうだね」という簡単な一言が、他人との距離感を一気に縮めるものです。誰でも相手に認めてほしいために、納得してくれたと思わせるこの言葉がモノを言うのです。信望を集める人は、上手に使っている言葉です。
席を替えるだけで、出会いの場が広がる
いつも決まりきったところで待っているだけでは、出会いのチャンスは生まれません。特別な場所に行かなくても、普段からいる環境内で席を替えてみたり、動きを少し変えてみるだけで、空気が変わって出会いのチャンスが出てきます。
新しい出会いは、リスクのある選択肢から
何らかの岐路に立ったときには、利害関係で選択するのではなく、生まれ変われるかを基準に選ぶほうが正解です。なぜなら、リスクを選ばなければ、いつまでも何も変わらない状況で、出会いは生まれないからです。
コミュニケーションは、短い会話を頻繁に
人付き合いの苦手な人は、長い話を一度にまとめてしようとして失敗しがちです。しかも、一度連絡を済ませてしまうと、しばらく連絡をしない傾向もあります。これでは、コミュニケーションというよりは、実用会話の域を出ないのです。
ドタキャン理由<<友達にされたら>>対応策
ここでは、友達からドタキャンされたときの理由と、その対応策についてまとめました。ドタキャンはされたほうにとって非常に辛いことです。ここできちんとした対応をとらないと、本当に友達を失います!
効率よく人脈を広げるコミュニティー作り
人が集まる場を作ることが、人脈作りにつながっていきます。コミュニティーを作ることで、あなたを知る人が増えて、さらにはその人が新しい知り合いを紹介してくれます。決して、気を張って名刺配りをすることが、人脈作りとは限らないのです。
日付順の名刺整理で、出会いの記憶を残す
日付を入れた名刺を渡したり、受け取った名刺を日付順に整理することで、出会った人とお互いに印象を思い出しやすくなるメリットが出てきます。名刺も無駄にならず、一瞬の出会いも人脈につなげていく秘訣です。
「食べてみる?」が鍵、食事のコミュニケーション
食事のときに、お互いのお皿を黙々と片付けるよりも、「ちょっと味見してみない?」とすすめてみるとコミュニケーションが生まれます。昔から東洋に伝わってきた交流の習慣ですから、重視して人づきあいを一歩進ませてみてください。
プレゼントしてくれた相手との交流を保つ秘訣
人からいただいたプレゼントをないがしろにするようなことは、友達を減らしてしまいかねません。贈ってくれた相手の気持ちを考えて、その人と会うときにはプレゼントを身につけていくなどの心遣いが友達を増やす秘訣です。
出会いのメンテナンスを行っていますか?
他人との出会いを良いものにつなげていける人、良い出会いを増やしていける人には、出会パワーが備わっています。意識してパワーアップするコツをつかんで、一つ一つの出会いを価値あるものにしていきましょう。

TOP 友達を作る3つのポイント 管理人が友達を作った方法 問い合わせ