名刺には日付を、が出会いを価値づけるポイント

スポンサードリンク

日付入りの名刺を渡して印象付ける

名刺で一つで友達成約率が変わります

 

 

社会人になれば、
自己紹介の一つとして名刺を渡すことが恒例になります。

 

 

公私共に出会いが増えてくるので、
何か記憶に残るものがあれば、
思い出してもらいやすいのです。

 

 

名刺には、ただ渡すよりも印象を残しやすい渡し方があります。
それは、あらかじめ名刺に日付を入れておくことです。

 

 

普段から名刺交換をよくする人は、
名刺を受け取ってから日付を記しておくことがあります。
日付を書いておけば、
相手の印象が意外と蘇ってくるからです。

 

 

後で名刺を見直して、
何会社の何々さんと名前だけで思い出されるより、
外見や出会ったときの印象まで思い出してもらえれば、
自分の記憶を相手により残せます。

 

 

まめな人なら日付も記しますが、
思っていても忘れてしまう人がいますので、
あらかじめ日付を記しておけば、
相手が後で名刺を見直したときに「あれ?」と思うわけです。

名刺をただ交換するのは、もう古い?!名刺に一工夫する事で、

あなたが強く印象に残れる方法をご紹介します。

名刺の整理方法を工夫する

友達がいない人は、人と出会っても、

後で相手に思い出してもらえない場合が多いのが原因です。
せめて名刺に記憶が残るものがあれば、
ユニークな人だなとも思ってもらえるでしょう。

 

 

自分でも、名刺の整理を工夫してみると
友達がいない悩みを解消できるでしょう。
受け取った名刺は、日付順に整理してみるのです。

 

 

よくある名刺の整理法は、会社順ではないでしょうか。
日付順にしてみると、人の記憶が鮮明に蘇ってきます。
どんな人と出会ったかを思い出したら、
連絡してみる気にもなってきます。

 

 

そしてこまめに連絡をしてみることで、
人づきあいが始まってくるのです。

例え最初はビジネス関係でも、その出会いは貴重です。

名刺を整理し、今後の関係発展に役立てましょう。

一枚一枚の名刺交換を大事に

名刺は大量印刷されてたくさん配ればいいと、

当たり前のように何気なく思っている人も多いでしょう。
しかし、本来の名刺交換は、
大事なつきあいを結びたいからこそ行う行為のはずです。

 

 

日付を入れることでも、
どんな人に名刺が渡るのかを大切に思えます。
渡してからも、相手がどう思うかなと、楽しみになるはずです。

 

名刺交換の、本来の意味を忘れてはいけません!

交友関係を広げる、重要なツールであるはずなのです。

>>何もなかったことを連絡しあうコミュニケーションに進む

スポンサードリンク

日付順の名刺整理で、出会いの記憶を残す関連ページ

人との出会いは、いつでも価値ある記念日
人生の濃さを深めてくれる出会いは、いつでも訪れます。全ての出会いには幸せを招いてくれる価値があり、記念とすべきなのです。良い出会いを求めて人生を変えたいと思っている人なら、今日会った人を思ってノートに記してみましょう。
「そうだね」の一言で、人との距離が縮まる
「なるほど」「そうだね」という簡単な一言が、他人との距離感を一気に縮めるものです。誰でも相手に認めてほしいために、納得してくれたと思わせるこの言葉がモノを言うのです。信望を集める人は、上手に使っている言葉です。
席を替えるだけで、出会いの場が広がる
いつも決まりきったところで待っているだけでは、出会いのチャンスは生まれません。特別な場所に行かなくても、普段からいる環境内で席を替えてみたり、動きを少し変えてみるだけで、空気が変わって出会いのチャンスが出てきます。
新しい出会いは、リスクのある選択肢から
何らかの岐路に立ったときには、利害関係で選択するのではなく、生まれ変われるかを基準に選ぶほうが正解です。なぜなら、リスクを選ばなければ、いつまでも何も変わらない状況で、出会いは生まれないからです。
コミュニケーションは、短い会話を頻繁に
人付き合いの苦手な人は、長い話を一度にまとめてしようとして失敗しがちです。しかも、一度連絡を済ませてしまうと、しばらく連絡をしない傾向もあります。これでは、コミュニケーションというよりは、実用会話の域を出ないのです。
ドタキャン理由<<友達にされたら>>対応策
ここでは、友達からドタキャンされたときの理由と、その対応策についてまとめました。ドタキャンはされたほうにとって非常に辛いことです。ここできちんとした対応をとらないと、本当に友達を失います!
効率よく人脈を広げるコミュニティー作り
人が集まる場を作ることが、人脈作りにつながっていきます。コミュニティーを作ることで、あなたを知る人が増えて、さらにはその人が新しい知り合いを紹介してくれます。決して、気を張って名刺配りをすることが、人脈作りとは限らないのです。
何もなかったことを連絡しあうコミュニケーション
何かあったときに連絡しあうのは当たり前ですが、何もなかったときに「問題がなかった」と連絡しあえる関係は、良いコミュニケーションが出来ているといえます。お互いにホッとできて、安心な人間関係になります。
「食べてみる?」が鍵、食事のコミュニケーション
食事のときに、お互いのお皿を黙々と片付けるよりも、「ちょっと味見してみない?」とすすめてみるとコミュニケーションが生まれます。昔から東洋に伝わってきた交流の習慣ですから、重視して人づきあいを一歩進ませてみてください。
プレゼントしてくれた相手との交流を保つ秘訣
人からいただいたプレゼントをないがしろにするようなことは、友達を減らしてしまいかねません。贈ってくれた相手の気持ちを考えて、その人と会うときにはプレゼントを身につけていくなどの心遣いが友達を増やす秘訣です。
出会いのメンテナンスを行っていますか?
他人との出会いを良いものにつなげていける人、良い出会いを増やしていける人には、出会パワーが備わっています。意識してパワーアップするコツをつかんで、一つ一つの出会いを価値あるものにしていきましょう。

TOP 友達を作る3つのポイント 管理人が友達を作った方法 問い合わせ